スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

春の鉄旅?♪~小湊鉄道編~

3月29日。
予定をかえず、本日は小湊→いすみの両鉄道の乗りつぶしにスタートです。
起きてみたら、天気予報の通り、すでに朝から雨が降っていました。
さむー(><)

だけど、なんとか気を奮い立たせて、7時45分の内房線に乗り、千葉駅を出ました。


●小湊鉄道へ乗り換える●
JR五井駅に到着し、小湊鉄道に乗り換え~。
JRのホームには、当然普通に通勤電車が乗り入れるので多少都会っぽいけど、さすがに小湊鉄道は、なんか・・・ホームからして、地方のかほりがプンプンしてきた。
いいね~~。

小湊鉄道の車体は、オレンジとアイボリーの、癒し系ツートン。
隣の今風な電車と比べると、その可愛らしい車体が引き立ちますな!

私を乗せてくれたのは、キハ207。

キ=気動車(ディーゼルカー) ハ=普通車 200系で七番目に生まれた車両という意味。マイケルとおんなじ、ラッキーセブン♪
K.T.Kは・・・小湊鉄道株式会社の略でしょう。・・・たぶん。

自動券売機は無いので、ホームにある事務所の窓を叩き、「房総横断記念乗車券」を買う。
大げさな名前だな~www

小湊鉄道の五井駅→いすみ鉄道の大原駅までの、片道切符(1600円)。
乗降りは自由だけど、後戻りは許されない、まるで人生のような片道切符なのねwww

こいつを握り締めて、小湊鉄道、初乗車でっす!!
ディーゼルカーのエンジンが唸る車内は、あったかくてなんかホンワリしてた♪
車内には、おじさんおばさんがちらほら。スーツのお兄さんも。
2両編成の小さな電車だけど、地元の方の足として活躍しているのがうかがえる。


●馬立駅で●
30分ほど待って、ようやく列車が、ゆっくりガタゴトと動き出した。
あ~・・・なんか感動する。ここへきて、やっとこ旅が始まったんだって実感する。
普段乗らないディーゼルカーの音とか揺れが、なんか落ち着く。。。

頭の中に、なぜか突如としてマイケルの「Remember The Time」が流れて来た。
うん、多分、今日のこといつか思い出す時が来るんだろう。
まだ9時半なのに、雨のせいですでにおセンチな気分になる。

ぼーーーっと乗車していると、いくつかの無人駅を通り過ぎて、もうすぐ中間乗り換え駅に着いてしまいそうになった。
一回は下車して時間をつぶさないと、乗り換え駅で2時間くらい待つはめになる。

どの駅で降りるべきか悩んだけど、昔職場にいた人の名前と同じ名前の駅に降りることにして、「馬立」という駅に降りた。
私も、午(馬)年だし、馬が立つってことで、まぁ縁があるかなとw

やっぱり、とても素敵なホーム。
おばさんが一人で管理しているみたいだったけど、花にも手入れが行き届いてた。


この後、またしばらく列車を待ち、ガタコト来たのに乗車する。

●上総牛久駅●
ここで、いったん乗り換えのため、次の乗り継ぎ電車を待つ。
地元の方はこの駅でバスに乗り換えたり、車で迎えが来ていたりして、どんどんいなくなってしまった。
残ったのは、私と、でっかいカメラを持ったおじさまの2人だけ。
駅員さんとの会話を盗み聞きしてみると、おじさんは関西からたまたま出張に来て、ついでに憧れていた小湊鉄道に乗って帰ることにしたという。
出張ついでとはいえ、はるばるとまあ、お疲れ様です!
わざわざはるばるとやってきたのに、こんな寒さと天気で残念でしたね・・・と言う駅員さんに、おじさまは、なんだかとても楽しそうに、「ほんとに残念です~」とおっしゃっていました。
それでもやっぱり、来られて嬉しかったんだろうな・・・^^

ただ、この駅ではだいぶ寒くてつらかった。
カメラを持つ手に、感覚が無くなってきたぞー。
 

雨の中、ライトをつけて走るキハ200系さん。
ある意味レアな風景かも。。。


●上総大久保駅を通過●
ここから先は、いくつか有名な駅を通過するも、下車するほどでもないので、通過しながら写真を撮る。
・・・ので、ますます写真が下手ですwww

上総大久保駅は、やばい!!
トトロ、ゆる過ぎる~~~爆
 


●上総中野駅に到着●
そして、ついに小湊鉄道を乗りつぶしました。
そうそう、この列車はワンマンなのですが、女性の車掌さんが半分くらいでしたね。
(つか、車掌さん自体4~5人に見えたけど。)
ステキに活躍していらっしゃいました!運転席から車両にへばりついて、何かを点検していらっしゃる女性の車掌さん。
常連さんの乗客にも親しく声を掛けたり掛けられたりで、優しそうでした~♪


さあ、ここからは、いよいよいすみ鉄道に乗り継ぎ、本格的に菜の花鉄道を楽しみたいと思いま~す♪

どこから沸いたのか、いつの間にか周りには撮り鉄(撮影を主とする鉄道ファン)がいっぱい~~www
いすみ鉄道のムーミン列車に、群がりまくっていらっしゃいます!


上総中野駅には、たけのこ型のお手洗いがあり、このお手洗いをみんな撮影していました。
駅も、なかなかいい雰囲気ですね~♪
 

・・・だが、この駅に後に泣かされることになろうとは、この時の私にはまだ 知る由も無かったのである。


・・・・・・つづく。

春の鉄旅♪~概要編~

春ですね!!
今回は、憧れの菜の花鉄道、千葉のいすみ鉄道に乗って、春を愛でて来ましたよ~!

・・・と言いたいところですが、当日は、超~~~~~寒い雨の日に、旅の日が当たってしまいました。。。
前々から計画し、楽しみにしてたのに、当日は朝から雨。
なんで今日に限って雨なんだーーー。
日頃の行いの悪さが、顕著に現れるwww
自分は雨女なんじゃないかと疑う今日この頃です。。。
果てしなく残念ですが、日程変更はできなかったため、雨天決行致しました。

まずは、今回私の辿った鉄旅ラインを、ざっとご説明致します。

JR千葉駅で内房線に乗りまして


五井駅
小湊(こみなと)鉄道(私鉄)に乗換え


上総中野駅
いすみ鉄道(私鉄)に乗り換え


大原(終点)


上記を遡って、千葉駅でゴール

乱暴に言うと、房総半島を東京湾方面から太平洋方面へ横断し、帰りは、往復してその逆ルートで「いすみ」「小湊」両鉄道をおかわりして帰ってくる、というルート。

大体の位置関係は、わかっていただけたでしょうか?

前々から気になるいすみ鉄道でしたが、同じ関東圏なのに意外とめっちゃ遠いし、列車は1時間に1本だし、小湊⇔いすみの乗り継ぎが1日4本しかないという、恐ろしいダイヤ構成。
乗り遅れ・乗り間違え・乗り継ぎ駅選択のワンミスが、命にかかわる。
いやほんと、冗談じゃなく・・・それを感じた、鉄旅でした


そんなわけで、前日、仕事が終わった後に出発し、夜10時に千葉入り。
頑張れば日帰りできると思いましたが、こういう時はなるべくお泊りすることにしています。
お目当ての鉄道がちょっと遠い場合、「本拠地」を構えておくと、とても乗り鉄しやすいということを、昔の鉄旅で学んだので。

数年前、同じように仕事終わってから埼玉を出て、翌日秋田の男鹿まで(むろん全て在来線です)行ったことがあるのですが、その時は夜から車中泊で、夕方宿に着くまでに疲れてしまい、一番楽しみにしていた路線でうかうかと居眠りしてしまったのです。

夏の青春18切符で海岸線を北上する、超素敵コースたっだのに・・・その、海沿いを走る電車の中で、グーグー爆睡ですよ。
あ~~今思い出しても自分に腹が立つ!

ですからそれ以来、本気の時はなるべく近場にお泊りすることにしているのでした。
かなりお話は脱線しましたが・・・何が言いたいのかというと、それだけ今回は本気で乗りたい鉄道だったってことです!


次回から、いよいよ鉄旅の詳細レポにします☆
・・・しばらく、だいぶ鉄分濃度の高い内容が続きそうですwww

ディズニーリゾートラインレポ♪

先日、冬場のディズニーランドへ行く機会があったので、ついでに、普段あまり乗る機会がない、ディズニーリゾートラインを調査してみることにしました☆

連れとの集合時間は八時半なので、それまでには一通りの駅を回ったりしたいと思い、4時半起きで出発!
体力の消耗を懸念して、舞浜駅で朝食をとってから、いざディズニーリゾートラインに攻めこみました。

ちょっと腹ごなししながら、ついでにディズニーバスをパチリ☆
この日は曇りで、残念です・・・。
 


●ディズニーリゾートライン●
舞浜リゾートラインが運営する、東京ディズニーリゾート(以下「TDR」と略)内の各施設を連絡する、デズニの、デズニによる、デズニの為のモノレール。
駅はTDR内もしくは隣接施設に4つあり、この4駅を一周5kmで結ぶ、環状線モノレールです。単線反時計回りで、3分~13分の間隔で運行しています。

・・・ですが、ディズニーリゾートを経営するオリエンタルランドの筆頭株主が京成電鉄でありますから、私は「京成ディズニーリゾートライナー」か・・・と密かに思うわけですwww


●4つの駅●
☆リゾートゲートウェイ・ステーション駅
舞浜駅に最寄の、イクスピアリ内にある駅。
ホームは、乗車専用(進行方向右手ドア側)と降車専用(同じく左手ドア側)の2つ。

☆東京ディズニラーンド・ステーション駅
ディズニーランド正面エントランス前にある駅。
ホームは、進行方向左手ドア側の1つのみ。
駅の中では、当然ここが一番目立つし、カワイイですね~~♪


電車を待つ間も、裏手のディズニーランドホテルを眺めたり、ランドの入園待ちの人々を見ることができて、楽しいです。
また、JRの線路も見えますし、ランドの駐車場も見えますし、たまに飛行機も飛んできますし、場合によっては海に船も見えますから、乗り物好きにはとてもナイスなロケーションです・・・♪

☆ベイサイド・ステーション駅
6つのTDRオフィシャルホテルから最寄の駅。
ホームは1つ。どちら側のドアが開いたかは・・・忘れてしまいました。(汗
乗り込んできた家族連れの子供達は、ほんとに楽しそうでした^^
ディズニで遊んで、ホテルに泊まって、リゾートラインで帰る・・・とか、夢のような体験ですね~~。。。

☆東京ディズニーシー・ステーション駅
ディズニーシー最寄の駅。
ホームは、乗口専用(進行方向右手ドア側)と降口専用(同じく左手ドア側)の2つ。


●車両●
リゾートライン上では、ブルー(第一編成)・イエロー(第二編成)・パープル(第三編成)・グリーン(第四編成)・ピーチ(第五編成)の5色の車両が活躍しています。
全部6両編成です。

運行間隔と車両の関係(運用)
運行が3分間隔のとき→4車両運行、4分間隔のとき→3車両運行、6分間隔のとき→2車両運行、13分間隔のとき→1車両運行

私が最初に対面したのは、ブルーの第一編成車両で、次が第五編成ピーチ。

 
 

しばらくこの2車両しか走っておらず残念でしたが、集合時間ギリギリになって、第二編成イエローが顔を見せてくれました!
パークの開園時間が近付いたので、6分間隔運行から4分間隔運行へ変更したのですね。

黄色キタ---(・∀・)----!!
 

しかしながら、この日はパープルとグリーンは見られず。
最もダイヤの込み合う3分間隔運行時でも、4車両の運行しかしないので、残念ながら5色の車両が揃って走行することはないようです。。。
いつか、パープルとグリーンが走っているところも見てみたいな~・・・。
運用がわかれば、それを見て待つんですが・・・調べ方がわかりませんでした。

尚、運転は自動運転で、基本的に運転士はいないようです。
車庫から本線に上げるときに手動運転も行うようですが、見た上では、最後尾の車両に車掌が乗っており、ドアの開閉だけやっているようでした。

全駅にはホームドアが設置されており、安全性にも気は遣っているのでしょうが・・・ホームドアは、電車がホームに入ってきたときに、電車が下まで見えなくなってしまうので、本音を言えば、あまり好きではありません。

↑このように、窓から下の、せっかくのラインが見えなくなっちゃうからね。

ちなみに、首都圏の地下鉄でも、新たにこのホームドアの設置を始めたところがよくありますが、ホントに安全性を高めることに繋がるのか疑問視される声もあるようです。


●車内風景と車窓●
内装は、まず普通の電車では見られない、変則的なロングシートです。
一番前の車両はフロントガラスになっており、横列のベンチシートに座ると、とても眺めがいい♪
  

車内は思いっきりミッキー仕様♪窓やつり革もミッキーです。かわいい!
窓の外には、シーの火山がチラ見えしていますね。
 

●運賃●
普通乗車券(一周回っても隣の駅で降りても同じ)
大人250(小130)円

フリーきっぷ
1日大人650(小330)円~4日大人間1400(小700)円
(TDRのマルチデーフリーパスが最長4日間までなので、それと同じ期間だと思われ。)

回数券
11枚綴りで2500(小1300円)円

私は、普通乗車券を買いました・・・が、改札を出なければ何周してもよいものと勘違いし、うっかり2周しちゃいました。すみません。。。
でも、車掌さんに咎められたりしなかったけど??
見逃してもらえたのでしょうかwww


♪☆♪☆♪☆♪☆♪☆♪☆♪☆♪☆

この日は、平日にも関わらず、けっこう混んでいる冬のディズニーランドでした。
寒かったのと朝早かったので閉園時間まで間が持たず、8時過ぎにはもう帰ってきてしまいましたが、充実した1日でした。
っつーか、インパする前にすでにディズニーリゾートラインを回るという目標を達成してしまったので、それだけで満足しちゃったみたい・・・笑

最後に、一応シンデレラ城の画像だけ、アップしておきます。
 

今日はいっぱい画像を載せてみましたが、ほんとに私、写真撮るの下手だなぁ・・・www

お台場レポ~MJサイド~

マイケルの蝋人形、思った以上に素晴らしい出来でびっくりです!
家が建つくらいのお値段ですものね・・・。

正直、別に見に行くほどのもんかな・・・と思っていましたが、見方によっては、衝撃です。


蝋人形のマイケルさんに対面したファーストインプレッションは、
「似てるな~」
くらいでバシャバシャ写真だけ撮りまくっていたのですが、裸眼で見ていると、だんだん複雑な気分になってきました。


カメラ越しで見るより、マイケルさんは生き生きとしてました。
この写真、なんかマイケルがファンに手を振っているみたいじゃない?


たしかにきいてた通り、目がキラキラしてて優しい~♪
てか、めっさかっこいいんですけど・・・
 


で、正面に回って、一番近いところでマイケルさんに対峙したところ・・・
人形相手だというのは認識しているのに、うっかりと動けなくなってしまいました。

なんか、
「あっ、来たね~」
とニコっとしたように見えたからでした。
なので、「お初にお目にかかります」とご挨拶。

そしてその瞬間、不覚にも、どわーーーーーーと涙が出てきました。
どーゆー涙だったのかは、今もってわかりませんが。

完っっっ全に妄想だし、かなりデンジャラスなビリジンちゃんになってるな自分・・・。とわかってましたけど。
ついつい心の中でマイケルさんに一対一で語りかけちゃう。。。


そうこうしているうちに、マイケルさんがちょっと困った顔してるように思えて来たので、ともかく「では、失礼します」と、またご挨拶をして、群衆を抜けました。


それからちょっとだけアウトレットを見て帰ったのですが、マイケルさんのいらっしゃる2階フロアは全マイケル曲だし、買い物に全然集中できないので早々に帰路についたのでした。。。


・・・とまあこんな感じで、マイケルさんにご対面してきたわけなんです。
自分が想定していた以上に動揺が走ったのと、まさかあのおかしな場で自分が泣いたりすると思ってなかったので、正直自分で自分が心配になった。。。
それだけ、哀しみが癒えるにはまだまだ時間がかかりそうだってことだね。
でも、蝋人形さんを見に行って、元気が出てきたよ☆^^☆

憧れの港街散策♪

先日、ずっと気になっていた横ブラ(横浜ブラブラ)をすることができました。
関内やみなとみらいはわりとよく行きますが、中華街とか公園はなかなか機会がなく、なんだかんだと、幼少期以来。
海の見える丘公園で生まれて初めてマクドナルドのホットケーキを食べさせてもらったという思い出が、忘れられません。
食べ物の記憶は、忘れません(くどいw)。


今回のコースは、中華街→元町→海の見える丘公園→山下公園→赤れんが倉庫→ワールドポーターズ→コスモワールド→横浜ベイクォーター
という、ビバ!横浜デートコースなのであります♪♪♪
デートのお相手(ピッチピチの女子大生♪・・・こっちの年が際立つ)がこのステキなコースを考えてきてくれたので、今回私はついてくだけ~~で楽ちんでした♪
ありがとうね~☆


横浜駅で待ち合わせて、まずは中華街でランチをすることに。
大体のお店に目星をつけておいてくれたので、そのお店もすぐに見つかったんだけど・・・なんとなく、どのお店がいいのかわからなくて、かなりウロウロと彷徨ってしまった。
最終的には、無難そうな、家庭的な雰囲気のお店に入った。

ゆで餃子と麻婆豆腐と海老そばをシェアして、堪能。
ゆで餃子には薬味の山椒がふってあり、ちょっと珍しいスパイシーな味付け。

満腹になった後は、アジアグッズの雑貨屋さんをブラブラしたり、私の行ってみたかったパンダグッズ専門店(?)に付き合ってもらったりしながら、中華街散策。
申し訳ないけど、すごくうさんくさい街だと思った。。。
だけど私は、あの「アジアの市場」な雰囲気って、底知れないパワーやしたたかさが潜んでいるようで、キライじゃないな。

さて。
次は、満腹なお腹をかかえつつ、徐々に中華料理を消化しながら、元町を抜けて海の見える丘公園に上がり、海を見た。
ここは、私が初マックを体験した場所。
当時は、もっともっと広い公園だと感じていたけど、こんな小さい公園だったのか。。。

展望台から見えたのは、抜けるような青空と澄んだ海の色・・・だったら良かったんだけどwww、ここから見える景色は、立派な工業地帯と、遠くの東京のちょっと淀んだ空だった。
息を切らしながら上がりきったところで目に飛び込んできた景色にしては、若干色気がないものではあったけれど、色んな船や工場、高速道路などが見えたりして、「働く」横浜を見ることができて、それはそれで、満足した。

美しい街を見て、その雰囲気だけ味わうのも素敵だけど、私はそこで生きている人やものを感じてみたいと思うから、そういうものも見たい。
横浜は雰囲気もいいけど、ちゃんと人が生活している息吹が感じられるから、好きだと思った。

そして。
アネ的に今日のメインイベントだと思った、「山手十番館」という由緒正しきモダンな喫茶店(夜はちゃんとしたフレンチレストラン)へ♪

海の見える丘公園を抜けて丘を登り切ると交差点があり、そこを越えてちょっと行ったところがここ。
近くに何店舗かよさげなカフェもあったけど、初志貫徹ってことで、山手十番館さんに入ってみることにした。

中はそんなに広くない。15席くらいかな。
だけど、ステンドグラスの窓や螺旋階段が、とってもいい感じ☆
午後3時半くらいに入店してまったり~。
冬の柔らかい日差しが差し込んで、気持ちの良いカフェタイムでした。


そして、種類豊富なメニューの中から、二人ともアップルパイとあたたかい飲み物を注文。
ライム入りのアイスコーヒーやシナモンティーなど、ちょっと珍しいメニューもあって大いに悩んだ。。。

待っている間に、コーヒー用の砂糖・ミルク・ホイップクリームの器が出てきた。
どのアイテムにも横浜らしい、お店のオリジナルイラストが刷ってある。
紺と白でさわやかだな~。そんで、超カワイイ!!

メインのアップルパイは予想外におっきく、あたたかく、美味しかった。
アップルパイとフルーツと杏ソースのかかったバニラアイスだけど、写真だとキッシュとサラダと卵みたいだねwww
 

ここでの話題は、クラシック音楽とピアノの弾き方(?)についての論議w
と書くと高尚な話題なようだけど、実際、会話の中身はめちゃめちゃロッキンでした。

しばらくそういう会話をして、じゃあそろそろってことで外へ出ると、ちょっと薄暗くなりつつある中、遠くに富士山が霞んで見えた。
二人そろって、思わず富士山を拝むw

それからは、今度は海を目指して丘を下った。
話題は、相変わらずサティ(マイカルじゃなくて、エリックのほうww)がロッキンだとかアナーキーだとかいう話。
こういう風にしゃべくりながら道を歩いていると、学生に戻ったみたいで楽しい。


山下公園に到着した頃には、夕暮れと夜の中間というような時間帯になっていた。
携帯のカメラで撮ってしまったのでピンボケもいいとこだけど・・・。
少しはこの素敵な雰囲気、伝わったかな???
 

横浜は、本当にきれいな街だと思う。
それでいて、どこか懐かしいような気もする、不思議な場所だ。
洗練されてるようで、だけど素朴で、都会で田舎で、憎めない。
基本はウェルカム体勢だけど、よそ者は入り込めない何かがありそうな気もする。

・・・ちょっと、マイケルに似てる。


山下公園から赤レンガ倉庫、ワールドポーターズ、コスモワールドを通り、そのままベイクォーターまで移動。
夜景をゆっくり楽しんだ。

相変わらずお腹がパンパカパンなので、夜はちょっと乾杯して終わらせることにした。
最後に入ったカフェも、やはり雰囲気のよいお店だった。

私は最近ハマってるハイボール(ジンジャーエール割)、お友達はスパークリングワインをたのみ、乾杯。
ここのお店は、カナダドライなどのうっすい系ではなく、おそらくウィルキンソンなどのちゃんとショウガがきいているジンジャーエールを使っているので、美味しかった♪
メインは、アボガドと海老のサラダ。セロリがうまい。

そしてこの日は、お互いに似合いそうなファッションのことなどを話し込んで、解散となった。

やっぱり、こういう風に誰かとゆっくり話したり歩いたりする時間って大切だな~。
一人もいいけど、見つけられるものがまたちょっと違う気がする。

横浜、ますます一段と好きになった。
また、行こう♪

- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
04 06
プロフィール

おけはと

Author:おけはと
旅と音楽、そしてお花とおいしいものが大好きなおけはとの日記です♪妻になり、そして一児の母になりました♪

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。