スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「模倣犯」を読んで

今日はちょっとした達成感でこれを書いています。

1月から読んでいた長編小説をやっと読み終えることができました~\(^O^)/
宮部みゆきさんの「模倣犯」です。
スマップの中居君主演で映画化された、ベストセラー小説ですね。
い、いまさら読んだのかって感じですか?(汗

実家の母が持っていたものの、なんせ長いので読む気がしなかったのですが、お友達に進められて、正月に帰省した折に読み始めました。
ただ、1週間近く帰省していたのに、残り2日という頃になって書棚から引っ張り出して読み始めたので、残り3分の1を残してタイムアウト。
仕方ないので、くそ重い下巻をバッグにつめこんで、渋々自宅に持ち帰りました。
それからはや4ヶ月もかかってしまった!

自宅に帰ってから普通に読めば、あと1日で読み終えられたはずですが、なかなかこの本は、思うように読み進めることができませんでした。

まだ読まれていない方へ、とてつもなく平たくあらすじをご紹介しますと。

主に女性を狙った拉致監禁殺人事件と、それを取り巻く人々の状況や心情が描かれたサスペンス(というよりヒューマンドラマかな)です。
小説のジャンルは良くわからないので、違ってたらすみません。

犯人、被害者、被害者の家族、加害者の家族、マスコミ、警察、「大衆」…ほんとに色んな立場の人間が出てきますが、この人達は皆、元は周りを見たらすぐどこにでもいそうな普通の人々。

読み進めるうち、そこにこそ、この本がベストセラーになった理由、そして読み進めるのが辛くなってくる理由が見えた気がしました。

なんか他人事じゃないような気がしてくるんですよね。

フィクションですが、実際にこんな事件も実は日常茶飯事に起こっているんだろうな…って、確信させられます。

それに気付いた頃から、だんだん進むのがキツくなってきて、読むスピードが落ちました。。。
だって、すぐ近くでこういうことが起こる可能性を考えてしまうからメチャクチャ怖いし、悲しくなってくるんだもん…。


★★★ここから先、ネタバレ注意★★★



途中、犯人の一人をなんとか警察に自主させて助けてあげようと頑張る、犯人の幼なじみが出てくるのですが、私はこの彼が一番好きでした。
この人、幼なじみの犯人からメチャクチャ馬鹿にされた扱いを受けているのに、ほんっっっとに人がいいの。

でも、そんな彼に、ゆっくりと死の影が近づいていくのが読んでいてわかり、それだけで先に進むのが嫌になります。

そしてついにその懸念は現実となり、しかもよりによってそんな優しい彼なのに、犯人であるという濡れ衣まで着せられてしまいます。

小説の話ですが「なんでカズ(この登場人物の名前)がそんな目に!?」と、悔しさ悲しさで地団駄踏みます。あまりにも理不尽です!!怒
その時の私の凹みよう、ちょっと読書をしてて初めての感覚でした。

そこまで私が感情移入できる背景には、やはり宮部さんの人間描写が巧みだからでしょうね。。。

ラストは、一応犯人が自白して逮捕されて終わりますが、後味は決して良くありません。

なぜなら、「犯人が逮捕された」ことが、本当の「解決」などではなく、そして本当の「解決」は、絶対にあり得ないと気付かされ、絶望させられるからです。

宮部さんが伝えたかったことは私が「あ~なるほど」とすぐ理解できるようなことだけではないと思いますが、この模倣犯を読んでいる間、色々考える機会をもらいました。

そのキッカケをくれた登場人物が、被害者の祖父の「有馬義男」という人物です。
この人が放つ言葉に、時折とても胸を打たれました。
以下、自分のための備忘録としてメモさせて下さい。


有馬義男名言集

●被害者の祖父として、やれることはやりたいと思っての発言。

悪あがきでいい。そんなことはハナからわかっとるんだもの。
そんでも私は、悪あがきしたいんだよ。何かをしたいんだ。
結果は理不尽で、全然納得いかないよ。
だけど、そこまでいくあいだのことが大切なんだ。
もう受け身でいるのはまっぴらなんだよ。


●間違ったことを言ったわけではないのに、過去の発言について本音は違ったのだと語る少年に対して。

あんまり、自分の気持ちを突き詰めて考えない方がいいよ。
なんていうんだ、――・・・分析か。そんなのやったっていいことはないからな。

また始まった、「ホントは、」だ。
ホントはこうだった、なんて断らなくても誰も叱らないよ。
あんたがそのとき考えたことが本当なんだ。


●ラストシーンで

これでようやく事件は解決に向かいますってさ。NHKでよ、そう言ってたよ。
終わってなんかいねえ!何も終わってねぇぞ!
だって毬子(被害者である孫娘)は帰って来ねぇ。
そうだろ?(むせび泣き


・・・有馬さんは、この小説の中でも最も冷静で見識の深い役どころであります。
登場人物の中でも、始終行動や言動が一番まともと思える人物の1人です。
その彼に、ラストシーンで最後のようなセリフを言わせる、その手法に、思わず宮部さんの力量を感じました。多分、他の登場人物が同じセリフを言ったところで、有馬さんが言ったほどの効果は期待できないだろうと思いましたので。


以上が、私の模倣犯読書感想文です。
すでにこの小説をお読みになったことのある方はどうお感じになったでしょうか・・・。
長い小説ですので、色々と忘れていることもありますので、「このシーンが・・・」というようなことがあったら是非教えてください。
(といいつつ、このブログにはコメント欄がないのでしたwww)
では^^

フラダンスをやってみました☆

昨年の12月にはベリーダンスを体験しに行きましたが、今度はフラダンスをやってみました♪

一緒に体験入学に行ってきたのは、ベリーの時と同じ会社の後輩。
フラダンスをやろうと言い出したのは彼女ですが、「どっかいい教室、探しといて下さいね~♪」とのことだったので、「ハイハイわかりました」と、池袋の駅すぐのところを予約しましたwww

後輩とは、彼女が入社して以来6年間、姫(後輩)乳母(私)関係でずっとツーカーで仕事をしてきた仲なのですが、4月に彼女が異動してしまうので、ちょっと寂しいのです。
そばにいると、たまにうっとおしいのにね~~(笑

さて。
この日は、早めに仕事を切上げ、その足で池袋へ。
ちょっと時間があったので、新しくできた、「エソラ」で軽くご飯を食べてからダンス教室へ行ってみました。

この前のベリーは個人の先生がやっているような感じで小さなスタジオでしたが、今回はダンスに限らず色んな講座を扱っているような教室です。
ユーキャンの実写版(?)みたいな感じで英会話とか生け花とかもありました。
生け花、やってみたい~♪

今回は、我々を含む4名の体験入学者が、普段行われている先輩クラスに混ぜて頂く、というカタチだったので、緊張~(><)
フラダンスを何年もやっているような方々もいる中に、お邪魔しました。

まずは、お着替え♪
フラダンスをやる時はフワッとした長いスカートを身に着けます。
教室が貸してくれます。
それを履いたら、ストレッチをやって、フラ体験スタートです!
#前置きが長くなりました#


まず、「フラダンス」という言葉について習い、基本の3つのステップを習いました。

「フラ」という言葉は、それ自体が「踊り・舞・ダンス」という意味を持つので本来「フラダンス」というのは間違い(フラダンスダンスになっちゃうので)だそうです。

フラは、見た目はゆるやかであまりキツそうに見えないダンスですが、実際にこの基本ステップを踏んでみると、足腰の筋肉がヒクヒクするくらい厳しいダンスでした。
中腰を保ち、上半身と下半身を切り離すように、腰を振る。
ちょっと腰を上げると、先生が優しく「中腰を保ってね~♪」と、ゲキを飛ばしてくる・・・キッつい~~!!!

そしてそのまま、一曲やってみましょうということになりました。
曲名、忘却(ハワイの言葉だったので・・・)。

歌詞の内容は

山の上に 牧場があります
夜になると とても寒くなります
そこに一軒の家があって
カウボーイがいます

山の上は とってもいい香り
ジンジャーの花が 咲いています

というものなのですが、フラは、この歌詞を上半身で表現しながら踊ります。
言葉に対し、手話のように仕草が決まっているんですね。

踊ってみるとこれまた上半身と下半身がうまく融合してくれず、見た目ほど簡単ではありません。仕草の持つ意味を理解して、それを体現するというのが、難しいです。

たった数時間体験してみただけで生意気ですが・・・一つ一つの動作に意味があり、フラがそれ及びその対象(海や山や花や人)をとても大事にしている雰囲気は伝わって来ました。
そして、と~っても美しくて優雅な踊りでした♪♪♪


そして終わってからの、私と後輩の合致した意見・・・
「フラダンスやってる人って、なんか・・・穏やかで優しそうな人、多くない???」

やってみて思ったんですけど、フラの音楽とか、動作とか考え方が優しいんですよね。
だから、自然と踊り手側も、それに感化されてくのかな・・・と。
マイケルファンに優しい人が多いのと似てる感じ(違うか??)。

そして思った。
やるなら、フラだな。笑


終わってから、近くで夜カフェして、サラダを食べて帰りました。
またもや、カロリーオーバーな二人なのでした・・・wwwww

後楽園でリラックス

正直言って、この一ヶ月、すごく真面目に働きましたです(笑)。

今月は休日をかなり少なく設定していたけど、最後の頃はいわゆる「ワーキング・ハイ」に突入したようで、毎日が矢のように過ぎていった。
休めないとかそういうのは、全く気にならなかった。
こういう時が、年に何度かある。

もうちょっといけそうな気はしたけど、あえて自分でブレーキをかけてみた。
今までこういうことが自分は苦手だったけど、今年は「よく読む・よく聞く・立ち止まる」をテーマに!を公言しているので、ちゃんと立ち止まったぞ!

一度立ち止まってみて、疲れがドッと押し寄せていることに気が付いたので(だから立ち止まることが大切なんだな・・・)、今回はゆっくりできるところに行ってきました。
つか、家にいたらいいのに、ついつい外出してしまう、貧乏性です。
休日がもったいなくて、お家にいられない症候群。


今日の行き先は、後楽園にある天然温泉スパ「ラクーア」です♪
http://www.laqua.jp/spa/f_drink/10314
たまたま休日とレディースデーがかぶったのと、家から一番最寄にある温泉だったので。
11時半頃に行ったら、スパ行きのエレベーターは、女性で長蛇の列ができてる・・・。
うぅ・・・・

中に入ると、やっぱりたくさんの人で溢れてはいたけど、「イモ洗い」ってほどでもない。
アクセスの良さ+レディースデーを考慮したら、まぁこんなもんかなって範囲だったので許せる。

中は大きく
?スパゾーン:温泉とサウナ(男女別)
?岩盤浴ゾーン:岩盤浴(男女混合・一部女性専用)
?リラックスゾーン:レストラン・エステ・リクライニング仮眠室(男女混合・一部女性専用)
の3つのゾーンに分かれている。
?のゾーンに入るには別途525円必要。

ラクーアスパは東京ドームの隣にある遊園地の施設の一部だけど、本当に天然温泉が沸いている。
泉質は、塩化物強塩温泉ということで、塩分が非常に高いお湯。
ちょっと舐めて確認したら、海みたいにしょっぱい・・・。

私はどちらかというと硫黄系や単純泉系の温泉が好みだけど、「こんな都会にこんな温泉が!?」という感動を充分味わえる、個性的なお湯だった。
お湯の色も、茶色と黄色の間のような、不思議な色デス。


あと、ここのサウナは「ロウリュウ」というサービスをやっており、この「ロウリュウ」が大好物の私は、がっついて、サービス開始30分前からスタンバってしまった。
「ロウリュウ」は、サウナの炭にアロマオイル水(?)をかけて、ジューッとなったら、その蒸気をタオルであおぐ、というもの。一気にサウナの温度が上がる。
だいたいどこのスパも、その蒸気をお客さんが浴びることができるように、係員さんがタオルでみんなを扇いでくれます。
汗だくで大変そうなんだなこれが・・・(汗

普通のサウナと違って、一度体験したらハマってしまう理由
?アロマのい~い香りがサウナ内に漂う。ミントやライムなどの爽やかな香りがベスト!
?蒸気を自分に向けて扇いでもらうと、一瞬で大量の汗が噴出す爽快感を味わえる。

もう、ちょ~~気持ちいいんだなコレが!!
普段全然汗をかかない自分も、これには反抗できず、汗ダーダー。
究極のデトックスです!


あと、デトックスといえば、岩盤浴。
ここはいくつか岩盤浴施設があって、それぞれテーマに沿った室内になっています。
カポーの場合、ここでダーリンハニーと再会できる。あと、リラックスゾーンもOK。
風呂は一人で入れ。笑

私が入ったのは、オレンジ色の柔らかな光の中でゆっくりできるお部屋。
女性専用の暗いとこでがっつり寝たかったけど、混んでたので、仕方なく殿方のイビキがこだまする混浴のコチラのお部屋へ・・・ww
あ、もちろん岩盤浴用の部屋着は着てますよ~!

あ、そうそう、ここカメラは禁止なので(トーゼンだ)、上のお風呂の写真もこの写真も、ラクーアのHPよりお借りしています。

岩盤浴では、いつの間にかぐっすり寝てしまい、1時間くらいたってた。
落ち着いた音楽が流れてて、床があったまっているので、すぐ寝ちゃうんだ。
皆も、是非こういうとこでゆっくりさせてあげたい・・・
と、次々と友達や同僚の顔が浮かんじゃうくらい気持ちよかった。(むしろ申し訳ない

起きたらめっちゃ汗だくでのどが渇きお腹も空いていたので、カフェでデトックスカレーを食べた。
意外とコレがうまかったんだなーー♪
で、レディースデー特典で、ソフトクリームをタダゲット♪


その後は、いつもの「自分へのご褒美」でカラーセラピーのエステで「心と体が冷え切ってます」と指摘され(!)、もう一回お風呂に入って帰りました。
心冷えてるとか、やだー(><)そんなことねっす!
でも生姜飲みまくろ・・・


正直、携帯をほっぽり投げてお風呂三昧というのは、本当に気持ちよかった。

でも。
う~~~~ん。
今回は、ちょっと反省。
10日前に爪やったばっかだし、最後のカラーセラピーは経済的にガマンしても良かった。。。
いつも自分にド甘なアネです・・・(シュン


ま、仕方ないっす。
明日からまたお弁当持ってけば、節約できるから良し!
としよう・・・。

バレンタインネイルと六本木

今回は六本木にある、StyleMさんに行って来ました~(´∀`)

名前がMだし(笑)、まぁーここのネイルデザインがいつもすごい上品かつ可愛くて、いつか行こうと思ってました。
でも、六本木はいまだにアウェーだし…とビビってなかなか行けなかった。

しかーし!
今回は、クーポンで安くできるデザインがほんとに自分好みだったので、勇気を出して行ってみました☆

バレンタインつーイベント、毎年あんまり関係ないっすけど(笑)、今年は自分へのチョコ代わりに、ネイルのプレゼントです。

デザインは固定ですがカラーは選べるので、大いに悩んだ末に、淡いピンクにしました~♪
ほんとは赤と思ってたけど、今回はバレンタインだから、モテ系に逃げてみる(笑)

ハートですよ♪♪
自分でいうのもなんだけど、今回のは、ほんとにかわいいと思う(照
こんなきれいなハートマークを書いて下さって、ほんと、ネイリストさんに感謝です♪

スタイルMさんはとても丁寧な仕事をされるネイルサロンで、他はわりと、片手5本を一気に塗って、固めて・・・ってところが多いのですが、こちらは一本一本丁寧にやって下さるので、すごく好感が持てました。
一人のお客さんに対して1時間以内と決めているネイルサロンとかも多いらしいと聞いたのですが、スタイルMさんは2時間と決めているようです。
良心的ですね~♪
http://www.stylem.jp/index.html

次回、次次回まで使えるネイルクーポンと、併設されてる酸素バーのクーポンもくじ引きでゲットして、この日は終了です☆


サロンを出てからは、ついでにちょっとだけ六本木とお友達になりましょうということで、とりあえず東京ミッドタウンでランチして、ブラブラして来ました。

そーいや、ここにはビルボードライブが入ってるんだった!
来月、ビルボードライブで、マイケルのコンサートのバンドメンバーでライブが行われるのダ。
だから、ちょっと偵察に。

ビルボードライブはミッドタウンの4階にあるけど、3階から4階に行くエスカレーターが見当たらず、ちょっとだけ迷ってしまった。
現地集合で遅刻ギリギリとかもあり得るので、場所の予習ができて良かったです…。
http://www.billboard-live.com/club/t_index.html

ちなみに、3月下旬にはクール&ザ ギャングのライブもあるらしく・・・すごく気になっている。
じょえ~~~な~~~♪あい ら~~びゅ~~♪


私が偵察に行った時間はまだ閉店していたけど、外から覗いた時点で、かなり大人のムードでした…。
ライブには、ロンドン初日Tシャツで行こうと思ってたけど、少し大人オシャレが必要かなと感じたわ~。

大人オシャレ…苦手な分野だけど、たまには頑張ってみるか。
つか、今年はそれをテーマにしてみよう!

ところで、この日は初めてゆっくりと六本木の駅構内を見渡してみたんだけど、六本木駅は、なにげにすごくダークだね!

テーマカラーがゴールド×ブラウンで、ゴージャス。
ふぅーん…と思いつつ、ひとつ気付いた。

私、駅が大好き…(^_^)
むしろ、電車そのものより、駅が好きかもしれん!

うーわーそうだったのか!これは新たな自分、発見だよ。
ムフフ…

ジェルネイルの落とし方

女の子ちゃん友達に人気の(?)アネのネイル報告コーナーですが、今回は、よく質問される、
●ジェルネイルは、落ちないのか?
●どうやって落とすのか?
に、答えようと思います。

まず、ジェルネイルですが、これは、普通のマニキュアとは違い、UVライトを当ててジェルを硬化させますので、普通のマニキュア落としでは、落とすことができません。
手軽に落とせないという点では面倒ですが、数日たって剥がれ始めたりとか、乾くまで時間がかかるとか、料理で剥がれるようなことも、ないの。

私がいつもやっているのは、ジェルネイルの中でもソフトの方なので、専用のジェルネイル落としで落とすことができますが、ハードジェルの場合は、削り取るしか方法がないので、今はソフトジェルネイル(カルジェルやバイオジェルなど)が主流となっているようです。
あとは、長さを出したい人は、スカルプチャー(着け爪)を使うみたい。

ネイルを施す人の技術にもよりますが、上手にすれば、1ヶ月くらい、綺麗な状態を保つことができます。

ただ、いくら落ちないとはいえ、根元の自爪が伸びてきてしまったり、生活しているうちに一部が破損してきたりしますので、そうなったら、落とさないといけません。

ってことで、今日は、ソフトジェルネイルの落とし方です。

アネは、最初の頃はやり方もよくわからないのでサロンで落としてもらっていましたが、両手10本落とすのに3000円とかってお店も決して珍しくはないので、もったいないので自分で落とすようになりました。


先にも書きましたが、ジェルネイルの場合、ノンアセトンのマニキュア落としでは落とせませんので、まずは、アセトンを用意します。
ソニプラとかの、ジェルコーナーに売ってますが、アネはどれがいいのかわからなかったので、サロンで売っているものを購入しました。

他の道具としては、
●アルミホイル
●コットン
●オレンジスティック
●やすり
などが必要となります。


では、このように、根元が伸びてしまった上に、人差し指のアートが欠けてしまったジェルネイルを落としてみましょう。



まず、ネイルにアセトンをしみこみやすくするため、表面をやすりで軽く削ります。
液がしみこむように傷を付けるだけなので、自爪まで削っちゃうほどガシガシやっちゃだめです。
表面が白くなるくらいで充分です。


次に、コットンにアセトンを沁み込ませて爪にのせ、アルミホイルで指を包み込みます。
この状態で、15分くらい待ちましょう。
この間はけっこうこのアルミが取れやすいので、マイケルのDVDを見たり音楽を聴いたりして、時を待ちます。
歌っててもいいかもね。笑


さて、そうして15~20分くらい待って、アルミホイルを取ってみると・・・こんな風に、ジェルネイルが浮いて、表面が柔らかくなっています。


アセトンは、ネイルとともに全ての油分を取り去っていくので、びっくりするぐらい指と爪が乾燥し、真っ白になってしまい、あせります。
今回は忘れちゃいましたが、爪以外の皮膚やどにはあらかじめハンドクリームやケアオイルなどをぬっておいて、アセトンから守った方がいいですね~><

そして、浮いたジェルをオレンジスティックなどでなるべく優しく削って落とします。
ここで、厚塗りの部分がなかなか取れないようでしたら、またアセトン+アルミホイルをやってみて、徐々に落としていって下さい。

そして、ジェルネイルが全て取れた状態です。
乾燥で指は皺くちゃだし、恥ずかしいです(大汗


仕上げに、甘皮の処理をし、爪の表面を整えたら、必ずオイルやクリームで手指をケアしてあげてください♪
さぁ、キレイにさっぱりと、ジェルネイルを落とすことができました☆


以上が、ジェルネイルの落とし方です。
今の私の手際と経験では、これで大体2時間くらいはかかってしまいます。
大仕事なんだよーーーー(叫

ジェルネイルオフ3000円で高いと思っていたけど、、やっぱ自分で手間をかけてやると思うと、かなり時間もかかるから、妥当なお値段なのかもしれない。

結局サロンに行った方がよいのかもしれませんが、だいぶ経済的ですので、やってみてください♪

では・・・♪





- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
07 09
プロフィール

おけはと

Author:おけはと
旅と音楽、そしてお花とおいしいものが大好きなおけはとの日記です♪妻になり、そして一児の母になりました♪

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。