スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

両国で夢叶う!

夢のような日
などというものは、昨年6月26日を以て今後訪れはしないだろう、とやさぐれていたここ一年でしたが。

あっけなく、その夢のような日というものが今日、訪れました!(早
しかも、自分でもびっくりするんですが、全部実話です。ノンフィクション!
なんと・・・

ずっと夢だった、大相撲観戦してきました~~~!!!
しかも、タダ!!ひぇ~~い♪



はじめに言います。今日の私のテンション、日頃の比じゃないかも。

午後3時まで、私にとっては普通の会社の日。
そこへいきなり、直属上司の係長から、切羽詰った電話がかかってきました。

「おけちゃん、一緒に相撲行くわよ!常務が命令だって言ってるから!すぐ迎えに行くから準備しといてね!」

常務の命令?!
いや、うちの会社体育会系だから急な強引お誘いには慣れてるけど、ここまで強引かつ逼迫した感じはそうあるもんじゃない。

なんだなんだと言いながら2分で準備をし、迎えが来て、気が付いたら首都高に乗ってましたw

未だ、状況わからず。
車の中には、いきなり運転手の命を受けた後輩男子と、係長と、私。なんだ、常務は一緒じゃないの?
全員、急に呼ばれた立場だからしばし混乱&興奮&相互に状況確認状態。


どうも話をまとめると、もともと顧客を誘う用に取っていたお相撲のチケットが当日になって手違いで2枚余り、もったいないので係長と私に行ってこいということ。ありがたや・・・。
(しかも、すでに取り組みが始まっており、ぼやぼやしていると間に合わないので、送ってやるからさっさと行けという。ほんとにいいの?怖)

ここでようやく落ち着いた係長、「そういえばどの席なのかしら?」とチケットを取り出します。
見ると、向4列の文字が。

「・・・これって、向こう正面の・・・えっ、4列目って、もしかして砂被りじゃないっすか?!」
「あら!ほんとね!」
そう。そこはなんと、行司さんの後ろ側の、あの、テレビに映っちゃう席、デスよ!

ぎゃ~~~!!
初めは後ろの方のマス席から・・・とか夢見ていた私のデビュー戦が、なんと超憧れ席になっちゃうとは!!

あぁ、夢のよう。いきなり国技館に来て、いきなり砂被り。
怖い、自分の幸運が怖い!!

とりあえず、なにがなんだかわからない間に両国につき、そのまま入館することになりました。
返す返すも口惜しいのは、こんな一世一代の晴れの舞台に、カメラを持って行くことが出来なかったこと。
画像サイアクの私の携帯で、出来る限り写メって来たので、せめて雰囲気だけでもお伝えできればと思います。

国技館前で車を降り、まずは実家のばーちゃんに電話。
私が相撲のテレビに映ったら、紅白歌合戦に出場したと同じくらい喜ぶと思われます(笑)。

その後、入り口でチケットを見せると、「貴賓席受付へどうぞ」と促され、別の入り口に通されました。
いきなりのVIP扱いに、戸惑いつつも、身元確認の署名をし、入館します。
色々事件があったのでそうなったのか、もともとそうなのかは存じませんが、「自分は暴力団ではありません」というような文章が書いてあり、それに署名するというようなカードでした。


201009131629000.jpg 201009131622000.jpg 201009132146000.jpg

署名を終えて入館し、まずは自分担当のお茶屋さん(なんていうか・・観客のお世話係り屋さん?)に行き、チケットを見せて席まで案内してもらいます。
グッズとかも色々売っていますが、急いでいたためスルー。

案内された席は、西の花道脇の、土俵に近い席!
入退場のお相撲さんが、すぐ横をかすめていきます!
201009131644000.jpg 201009131650000.jpg

うわ~~!テレビで見たとおり!!!
つかお相撲さん、めっさかっこいい!!

どーでもいい情報ですが、私は幼い頃からジジババの影響により、ヒーロー(いい男)=ちょんまげ&大柄という図式が脳内回路に出来上がっています。
なので、ここ国技館は、私にとってはイケメン博覧会と言っても良い、ロマンティックプレイス(?)♪
お相撲さんは全員かっこよく、ステキに見えました。


国技館は、観客も会場への出入りを自由にやっている感じで、ワサワサワイワイ庶民的です。
常連さんはお相撲さんに声を掛けたりしてましたが、他の人もけっこう皆パシャパシャ写真撮ったりしてて意外。
でもお相撲さん自体は寡黙&真剣な面持ちで、1人としてニヤけたり観客を意識したりする素振りは一切ありませんでした。
当然っちゃ当然ですが、こういうところ、勝負の世界っぽくて、さらにカコイかった♪

きょろきょろしていると、取り組み表を見ていた係長が、「あ、今、審判でどこかに貴乃花がいるはずよ」と教えてくれました。
土俵の四面に、1人から2人、親方が審判として座っています。
良く見ると、対面に、貴乃花親方が座っていらっしゃいました!かっこいい!

貴乃花親方を拝見するのは実は2度目。
中学生のころ、地元のイベントでまだ貴花田だった親方を見ました。
密かに、再会を喜びましたwwwww


さて、落ち着いて、もう少し周りを見渡したりできる余裕が出てくると、テレビでは気付いていなかったいくつかのことに気付きました。

まず、行司さん(はっけよーいのこったって言う、軍配持った人)と、呼出しさん(にぃ~し~、ナントカやぁまぁ~とか、取り組み前に関取の名前を読み上げる人)のこと。
取り組みの都度、替わるんですね!知らなかった!

あと、お相撲さんは取り組み前に土俵脇に座って待っているのですが、その時に使う大きなお座布団を、付き人さんだか何だかさんの方が、そのお相撲さんのマイ座布団に入れ替えてるんです~(´∀`)
係長は「座布団運び」と呼んでたけど、そんな笑点みたいな役職名なんでしょうか?
後で調べてみよう。そんなのテレビに映らないから知らなかったよ☆

見てて思ったのは、取り組みひとつに、ほんっとーにたくさんの人が動いているんだな、ということ。
色んな人がいて、色んな役割を淡々とこなしていました。
なるほどねぇ。


そして、まず初めての取り組みを見て、その迫力に感動しました。
テレビと、音が違う!

気合を入れる息遣いや声、塩をまく音や手を打つ響き、立ち会ったときの最初の肉のぶつかり合う音。。。
そういうたくさんの音が、すごく肉々しくて、リアルでした!!
はぁ・・・ようやく、実感が湧いてきたよwww

そう思ったら、ますます今後の取り組みが楽しみになってきました♪
土俵は、これからが盛り上がります!
好きな力士もまだ登場してませんし、なんたって横綱をこの目で見てみたい^^
実家から、「テレビ写ってるよ!」の実況も入り、さらに私のボルテージは上がります。

そして、その後取り組みは進み、ついに、今日一番の興奮が、私を襲うのでした。
予想外に登場したのは、なんと、だーーーーーーーい好きな、あの人!!!
さぁ、誰でしょうwww


早く書きたいのですが、また長くなってしまったので、この際引っ張ったまま、続きます。
スポンサーサイト
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
08 10
プロフィール

おけはと

Author:おけはと
旅と音楽、そしてお花とおいしいものが大好きなおけはとの日記です♪妻になり、そして一児の母になりました♪

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。