スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

軽井沢ウェディング

大学時代の友人ヨシエ(都内ホテルステイ体験でこのブログにも登場したこと有りw)の結婚式に出席するため、軽井沢へ行って来ました~。

当初は日帰り予定だったけど、他の友達が宿泊するいうことで、私もお付き合いすることに。


♪あさまに乗った♪
朝は大宮駅から、長野新幹線に乗車。
長野にはいつも車で行くので、軽井沢へも電車で行くのは初めて。
東京から出発し、群馬県の高崎で長野方面(長野新幹線:あさま)と新潟方面(上越新幹線:とき・たにがわ)に分岐する。
私の実家は新潟なので、普段使う上越新幹線と長野新幹線、乗車ホームも同じなので正直ワクワク感は皆無。
信越は景色も似ているので、なんだか実家に戻る感じがした。
でも一応、あさま初体験てことで、良かったw

しかし、軽井沢って近いのね~。
大宮からだと40分かからなくてびっくりした。
東京からでも1時間ちょいで着いちゃうもんね。


♪軽井沢駅で信州そば♪
家を出て、正味1時間半ほどで軽井沢に到着。
さすがに残暑厳しいけど、日陰に入ると、何とも心地よい風が吹いてきた。
あぁ、さすが避暑地だわ~と思う。

友達との待ち合わせまで1時間あるので、翌日のバス(帰りは安価な高速バスにした)の乗車場を確認し、軽く昼食をとることにした。
多少大きな駅構内には必ず立ち食い蕎麦屋があるけど、ここの駅には、峠の釜飯で有名な「おぎのや」さんが運営している立ち食いがある。
蕎麦の本場なので、期待を込めて山菜そばを注文。
冷凍ではなく生そばを茹でているので、ちょっとだけ時間がかかるけど、麺はさすがにいつも食べている立ち食いの味とは違って歯ごたえのある、美味しい信州蕎麦でした♪

この駅には、憧れのしなの鉄道も通っているけど、今日は鉄旅ではないのでw、後ろ髪ひかれつつスルー。
だけど、駅に色々列車が展示してあったので、一応パシャって来た。
20100904_137_convert_20100906232353.jpg 20100904_139_convert_20100906232543.jpg





♪石の教会と面白神父さん♪
バスに乗って山の中腹までいくと、そこが結婚式場のあるリゾートホテルだった。
テラスのロビーで、式が始まるまでお茶して待っていた。
緑がいっぱい、気持ちいい~・・・

ほどなくして、結婚式の時間となった。

登場した花嫁(ヨシエ)は、小柄な彼女らしく、とってもかわいらしかった♪♪♪
初めてお目にかかるダンナ様は、年下なので若い!って感じ。白い歯がまぶしいwww

その新郎新婦とともに、いきなりバスに乗り込み、別棟にある「洞窟の教会」へ。
写真撮影禁止ということで、内部の写真は撮れなかったのが残念。
ひんやりとして、ムードのある教会だった。

神父さんが面白い方で、近所の坊さんが乱入して来ちゃったみたいだった(爆
んでこの神父さんが誓いのキスの時、「では、口付けを、ど う ぞ~~~~♪」とでっかい声で言うもんだから、私思わず噴出しちゃって、うつむいた瞬間にキッスが終わってしまった。
決定的場面を見逃した次第www
だけど、この坊さ・・・じゃなくて神父さん、ライスシャワーの時も「思いっきりぶつけてやって♪」とか言って皆を和ませてる、すごくいいおじさんでした♪



♪ゲストコンシャススタイルというかたち♪
今回の披露宴は、初めての形式で楽しめた。
新郎新婦&ゲストが、自由に会場内を動き回れるスタイルで、堅苦しい挨拶やお約束の「二人の思い出ビデオ鑑賞」も無し。
普通の披露宴では、やれ主賓挨拶だの祝電披露だの余興だのと、ちゃんと見たり聞いたりしなきゃいけないイベントが多すぎて、本音をいうと正直毎回かったるい。

でも、今回は食事しながら久しぶりに会った友達とゆったり話をする時間があったし、周りのゲストも実にゆったりとくつろいでいるようで、雰囲気がとても良かった。
かといって、食事も適当かというとそんなことはなく、手の込んだ可愛らしいオードブルから、本格的なフレンチまで織り交ぜ、色んなものをいただける。
写真の魚の形のパイは、「すずきのパイ包み」。
よく名前は聞く料理だけど、食べるのは初めて~♪ワーイ
20100904_182_convert_20100906231644.jpg 20100904_205_convert_20100906231918.jpg



途中、ヨシエのゼミ先輩のプロマジシャンがマジックを披露してくれるイベントがあった。
私は手品が大好きなので、間近で見られて、すっごく嬉しかったな~♪
余興というより、プロが仕事で来てるわけなので、俄仕込みの余興とは違って(ゴメン)とても楽しかった☆

なんか、ここの式場は、花嫁をそこに置くとすげー見栄えのする景色ばっかりに囲まれているので、いつもより写真を撮る枚数が増えてしまう。
同席の友達には、「なんかヨシエのパパラッチみたいだよ・・・」と失笑されるwwwな!!!
つーかカメラを忘れたのはどこのどいつだい?w



♪最後にやらかす♪
さて、ガンガン食ってガンガン飲んだ(オイ)披露宴も無事に終わり、宿泊先の別のホテルへ移動することとなった。
タクシーに乗り込むとき、なんとなく違和感を感じたけど、それがなんなのかを突き止めるに至らず、ホテルに到着。
そこで、ハッと気が付いた。

引き出物 わすれたーーーーー!!!

式場でタクシー待ちした時、ロビーにそのまま忘れて来てしまったのだ。
そこには、カメラも一緒に入っている・・・あぁ。

すぐに式場に連絡すると、フロントで保管してくれていた。あーよかった。
明日取りに行きます、ってことにして電話を切ったところ、それからしばらくしてヨシエから着信。
あー・・花嫁の耳にも、ダメダメゲストの失態が報告されちまったか。
と思いつつ電話に出ると、「私も同じホテルに泊まるから、忘れ物持ってくね~♪」とのこと。

お疲れのところ申し訳なさ過ぎて、平謝り。
すると、彼女たちの部屋も近くにとってあり、夜にちょっと挨拶に来るつもりだったからかまわないと言ってくれた。
式の後に挨拶周りなんてしなくていいのに~(><)
・・やっぱ、いいヤツだなと感激した。

とりあえずホテルの玄関で花嫁の到着を待ち、その日のうちに荷物はゲトできました。
あ~恥ずかしかった!


恥ずかしいまま、次回へつづく。
スポンサーサイト
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
04 06
プロフィール

おけはと

Author:おけはと
旅と音楽、そしてお花とおいしいものが大好きなおけはとの日記です♪妻になり、そして一児の母になりました♪

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。