スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

世はショパン祭りらしいデス

フレデリック・フランソワ・ショパン



誰でも聞いたことのある、フランス(ポーランド)の作曲家です。
この2枚の肖像画のうち、どちらか一枚は小学校&中学校で見たことがあるのではないでしょうか。

名前を聞いただけで、美しい音楽を連想させますが、作品もまた繊細かつ情熱的なものが多いですね。
先日、お友達にショパン生誕200年だよと聞いて始めてそれを知りましたが、めったに無い機会なので、彼の曲の中でも私が特に好きな3曲について、今日は少しおしゃべりさせて下さい^^


◎革命エチュード
まず、一番初めに耳に飛び込んでくる第一和音で、「あ、これはヤバイな、持ってかれちゃうな」と確信する、ハート泥棒www
そして、そのまま濁流に飲み込まれる。。。
情熱満載。ドラマティックな展開。
音楽なのに、まるで長編スペクタクル映画みたい!
もしくは、お昼のドロッドロな愛憎メロドラマを見てるような気になります・・・・・笑
たまに、ものすごい早弾き&力強さでガーーーーッとピアノをねじ伏せるように弾いている方の動画を見ますが、気持ちがすごい良くわかります★


◎ノクターン第2番変ホ長調
多分、初めて聴いたのは、NHKの「名曲アルバム」。
祖国を思うショパンの切ない物語と一緒に、彼の住んだ街の様子が映像で流れていました。
バックに流れるこの曲を聴いて、幼心にも、なんて綺麗な曲なんだ~~~と思った気がします。。。
ノクターンは、静かな夜にふさわしい曲ですが、これをBGMに青空の景色を眺めてみても、懐かしさに胸が締め付けられるような、不思議な気分になりますよ。
電車に乗りながら聴いていて、うっかり目頭が熱くなってしまったことが何度もあります^^;
家で聴いていると、ゆっくりお酒が飲みたくなりますけどwww
私の中での「ロマンティック最強スター軍団」はショパン「ノクターン」・リスト「愛の夢」・べトベン「悲愴」このピアノ3兄弟の向かうところ、もはや敵無し!
(主観オンリーwww


◎英雄ポロネーズ
何度か出てくる、掴み→主題までの流れが、超好き!
主題に入ると、思わず「キターーー(゜∀゜)ーーー!!」と叫びたくなるwww
くるくる回って、「人生楽ありゃ苦もあるさ」のイメージ。
この曲を聴いていると、最後は、「嫌なことがあってもなんとかなるさ、頑張ろ!」と思える。
これが音楽の醍醐味だな~・・・と何回聴いても感激します。
勢いがある明るい曲ですが、時たまホロリとしちゃうのは、なんでだろ・・・?


ショパンの中でのヘビロテ曲が上の3曲ですが、私の場合、ちょっと元気が出ない時やイライラしちゃった時、
革命→ノクターン→英雄
の順番で聴くと、ストレスが緩和されます。

元気が出ない時には、是非お試しあれ☆


ところで、ショパンは自分の作った曲にタイトルを付けることを好まなかったといいます。

彼はタイトルの持つ言葉の意味によって、音楽に先行イメージがつくのが嫌だったのかな??
前述の「革命」「英雄」などは、もちろんショパンが付けたタイトルではありません。
ですが、実に曲の特徴を見事に言い得たタイトルだと、私は思ってしまいます。

そして、そのタイトルの言葉を越えて曲のイメージを膨らませることが、今さら難しいです。
曲を聴く前にユアナロのSFを見てしまった人が、もはやあの衝撃映像がアタマから離れなくなってしまうようにw

さらに、ショパンは、自分の死後、未発表の曲については原稿を破棄して欲しいと希望していたようですが、それは叶いませんでした。
と、プロフィールには書いてあります。

ん~。
これは、著名な表現者にはよくあることですが、本人の希望でないものが、その死後他者によって公表されるということの是非については、やはり考えさせられますね。
だけど、答えが出ませんね。
だから、やっぱ考えないようにします^^;(どっちなん


ともあれ、今年はショパン生誕200年☆
普段聴かない方も、たまにはこれを機会に、ショパンの音楽に触れてみてもいいかもしれませんよ~^^
では・・・







スポンサーサイト
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
04 06
プロフィール

おけはと

Author:おけはと
旅と音楽、そしてお花とおいしいものが大好きなおけはとの日記です♪妻になり、そして一児の母になりました♪

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。