スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

京都一人旅~宇治と寺田屋編~

昨日の疲れがちょっとだ~け残る京都の朝。
今日はあいにく全日本を大寒波が襲うという日で、とても寒いというので、防寒第一でホッカイロを背中とお腹に貼って出発した。

本当は、今度こそ東寺へ行って、そのままイノダコーヒーのモーニングを食べようと思っていたけれど、そんなには時間がないということに気付き、念のため、もう宇治に出発してしまうことに。

●宇治へ
朝9時のJR奈良線に乗る。
途中、お庭で有名な東福寺や、連なる鳥居で有名な伏見稲荷を通過。
昨日は、バスばかりで緊張しっぱなしだったから、電車の規則正しい運行状況に、気が緩む。
私はやっぱり電車が一番好きだ~。
途中、他の車両の通過待ちで一時電車が止まったので、綺麗なエメラルドグリーンの車両をパチリ☆

「え~?私も入るの?」と照れながらも、写真を撮らせてくれた車掌さんに感謝です♪

そんなふうに、のんびりと20分ほど電車に揺られ、宇治に到着した。
ほどよく寒く、朝の空気が気持ちいい。

京都市内を歩き回っていたときは、町の音を聞きたいので音楽などは聴いていなかったけれど、ちょうど宇治駅からロータリーへ出たとき、ipodからマイケルの「Keep The faith」が流れて来た。
目の前に朝日が昇り切ったすがすがしい青空が広がったところに流れて来たKeep The faithは、まさに、情景にピッタリだった。

実は旅の間、将来のこととかけっこう色んなことを考えて、すこし不安な気持ちになったこともあったけど、この瞬間、そういう負の気分が吹っ飛んだ。

これからまた、頑張ろう、と素直に前向きな気持ちが湧き上がってきた。
人間って、たった1分の間に180度考えを前向きにできる動物なんだね(少なくとも私はw単純なだけかしら)。

そういう気分で歩いているから、足取りも軽い。
宇治はさすがにお茶の町。そこら中にお茶やさんや、お茶を使ったお菓子などの看板が出ていて、どこも由緒正しく美味しそう♪
残念ながら時間が早すぎてお店があいておらず、何かを食べたりできなかったのは心残り。


●平等院鳳凰堂
さて、駅から15分ほど歩いたところで、平等院の正門に到着です。
ご存知、十円玉の絵柄ですね~♪
池に映った鳳凰堂は、堂々としていて、とても美しい建造物です!
 
内部の見学もしましたが、元は金箔で覆われ、かつ螺鈿細工が施されていたそうです。
大仏殿の周りの壁には、雲に乗ったたくさんの観音様が、舞を舞ったり楽器を演奏したりして、「あの世」へのお迎えのシーンを再現しています。
明るくて、とっても美しくて楽しい情景です。

マイケルも、こんな風に天国へ旅立ったのでしょうな・・・であって欲しい。
と、思わずマイケルに思いを馳せます。

それにしても豪華な建物!!
こんにち、それと同じものを作れるような財力を持つ個人(多分団体も)は、国内にはまずいないだろうな~・・・。


●ゆみさんと初対面
敷地内の鳳翔館(展示館)を見た後は、平等院をたち、京阪電鉄に乗って、伏見へ向かいます。
マイケルお友達のゆみさんにお目にかかるためです☆わ~い楽しみ!

ところで、奈良線といい京阪電鉄といい、この辺りの電車は同じようなグリーンの車両が目を引く。
この色、とっても町に似合っているし、とても和風な色使いだわねと思って気に入ったんだけど、その理由が、宇治を歩いていてわかった。
宇治に流れている川の水とおんなじ色なんだな~。
すごく綺麗な緑色で、私はこれを現地ではずっと「宇治色」と呼んでいたwww

そして、乗り換え一回で、ゆみさんがお住まいの、某駅へ到着!
改札でお会いしたゆみさんは、私よりもおねえさんですが、とっても可愛らしい印象の方でした!
マイケルファンと初めて会うときはいつも思うのだけど、やっぱり、初めてお会いした感じがしなかった^^

●黄桜のレストラン
ゆみさんはおしゃべりしながら地元の商店街や色んな美味しいお店を紹介してくださいました。そして、最終的に、カッパの黄桜酒造さんが経営されているレストランへ♪
お土産コーナーのほか、カッパの資料館が併設されていて、面白かった。
レストランでは、カッパちゃんのお絞りと湯飲み茶碗がお迎えしてくれます。

かわいいでしょ~~っ♪♪

そして、ゆみさんと私は同じものを♪
京風うどんのセットです。デザートに抹茶小倉アイスとコーヒーまで、頂いてしまいました!
ゆみさん、ご馳走さまでした~~☆
 
あたたかいおうどんと、抹茶のアイスが嬉しかったです♪

ゆみさんとは、ゆっくりお話をしながらお食事をして、色々と私も遠慮なくお話をさせていただいちゃいました☆
本当は、ゆみさんは体調が悪かったのに、会って下さって嬉しかった。
ありがとうございました。


●寺田屋
なのに・・・つい楽しくて調子に乗って(すみませんでした)、近くの寺田屋にまで付き合わせてしまいました!


ここは、今をときめく坂本龍馬ゆかりの旅籠。
入浴中だった恋人(妻)おりょうが、幕府の役人が龍馬達を襲撃しに来たのを察知し、なんと全裸で階段を駆け上がり、階上にいた龍馬にそれを知らせた、という事件の現場。
今も旅館として営業されており、宿泊することも可能です。

その二つの事実がリンクしたような展示方法になっているため、こんな面白い表示になっちゃう(笑)
「ここがおりょうのお風呂だよ」という表示と、現代の宿泊者向けの「トイレはあっちだよ」という表示が、全く同じスタンスで書いてある。

あとは、「これ、なんか歴史がありそうなものだけど、なんだろ・・・?」というようなものも、そこここに配置してあった。
「な、コレだよコレ、わかるだろ?」ということか。
これには、ゆみさんと一緒に大笑いしちゃったwww
でも、こういう手作り感&放置プレイな雰囲気、嫌いじゃないよww

ここには、坂本龍馬ゆかりの品々や、写真、寄贈の肖像画、訪問者の写真、記念ノートなどがおいてある部屋があり、ゆっくりそれを眺めることができる。
教科書に載っているようなビッグネームな人物が写真で残っていて、いまだにその容貌を見られるというのは、非常に価値あることだと思う。

教科書の中の出来事が、まるで昨日のことのように(それは言い過ぎか)親近感を持って感じられる。私でさえそうだから、近くにお住まいのゆみさんは、もっとそれを感じられたかもしれない。

寺田屋さんは、そろそろ宿泊客を迎える準備に入るということで、私達は失礼したのだけど、その後、ゆみさんのご自宅にちょこっとだけ寄らせていただいた。
賢そうな息子さんともお目にかかることができて、満足♪
また、うかがいま~~~す!!


●東寺
ゆみさんとお別れした後、まだ太陽が残っていたので、ずっとタイミングが悪くて行けてなかった東寺さんへ、向かってみることにする。
中には入れない時間だったけれど、このまま帰ってしまうには、あまりにも心残り。
せめて、五重塔だけでも拝見したいっす!

と、勇んで力みすぎていたせいか、どーゆーわけかうっかりと、東寺とは反対方面へ向かう電車に乗ってしまった。
しかも、乗ってから気付いたんだけど、その電車は特急!!
ひぃ~~!このままでは、大阪まで行っちゃうよ!

焦ったけど、とりあえず気付くのが早かったので、15分ほど特急に揺られた後、一つ目に停車した駅で折り返すことができた。
あっぶねー><
折り返し反対方面の電車に乗っていると、地方の京都競馬が見えた。
あ、ここか~、と、ちょっとのんき。

そして、ようやくもうちょっとで東寺に着くという、最後の乗り換え駅に到着した。
時間は午後5時前。
徐々に日が傾いて来ており、東寺行きの電車からは、線のゆるやかな山に沈んでいく夕陽が見えた。
なんと穏やかな景色なんだろう。。。

澄んだ青空から、山の端の紅い夕焼けまでのグラデーションも、
後ろから夕陽が差して、雲のふちが金色に輝いているのも、
全部全部きれい。
鳳凰堂で見た仏様のパレードは、きっとこんな景色の中で行われたに違いない。
こういう景色は、私には絶対に写真に残すことは出来ない。
目で見ておきたい。


とか、メランコリーに浸ってるうちに東寺駅に着いた。
とにかく、日が残っているうちに辿り着かないと、今回はもう東寺さんを見れなくなっちゃう!
さっきせっかくいい雰囲気になったけど、駅から東寺までは、猛ダッシュだ~~!!
急げ急げ、日が暮れる!!!
(ここ以外でも京都では何かとダッシュしてたな~www)

ゼーハーして、やっとこ東寺前に辿り着いた。
あ~、やっぱり門は閉まってる・・・。
でも、まだ夕焼けをバックに写真は撮れそうだ。パチリ☆

最後の最後で東寺に来ることができて、よかった。。。

次に来た時は、ちゃんと中に入ってお参りしよう!


●さよなら、京都
これで私の一人旅も終りに近付いた。
東寺から駅に向かう道すがら、昨日お世話になった舞妓さん変身スタジオと、泊まったホテルが見える。
本当に、来て良かったな・・・としみじみ思った。

あとは、お土産を買って帰るだけです。

一人でゆっくり京都を巡り、お友達にお会いして、人と触れ合って、美味しいものを食べて、今回は本当に満足&リフレッシュできました。
また、来よう。

お世話になりました!!
スポンサーサイト
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
08 10
プロフィール

おけはと

Author:おけはと
旅と音楽、そしてお花とおいしいものが大好きなおけはとの日記です♪妻になり、そして一児の母になりました♪

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。