スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ボビーが来日するぞ!

3月にKOOL & THE GANGのライブを見に行ったビルボードライブ東京。
実はその際に色々とビルボードライブのことを調べているうちに、自分にとってすごく重大なことを知りました。

昔から大好きだったアーティスト、ボビー・コールドウェルが毎年ビルボードライブに歌いに来てくれているらしい~\(^O^)/
知らなかったYO!!

なので、それ以来ビルボードライブのホムペとダイレクトメール冊子を、「今か今か」とちょくちょくチェックしてました。
そしたら、ついに先日、10月にライブ日程が決まったとの発表が☆
よっ、ダンナ!待ってましたぜ~!

秋の夜長にしっとりボビー・コールドウェル♪
最高じゃないすか(-^艸^-) むふー

ボビー・コールドウェルさん(もうちょっとで還暦)
 190px-BobbyCaldwellByPhilKonstantin.jpg

言わずと知れた、AORの代表的アーティストであります。
KING OF AORとかミスターAORとか・・・とりわけ日本でとても人気高いようで、色んな通り名をお持ちのご様子♪
私はボビさんの曲は古いほうがお気に入りなので、90年代にジャズ路線に方向転換してからはほとんど知らないですが、チラ聴きしたら、それでもいい感じでした。
ま、やっぱ昔の感じに戻ってくれたらいいなと思わずにはいられないけど・・・。

彼の代表曲はたくさんありますが、デビューアルバム「イヴニング・スキャンダル」からまずは彼の最大ヒット曲を。
What You Won't Do For Love(邦題「風のシルエット」)

色んなシンガーがカバーしてますが、誰が歌ってもサマになる、とてもとてもいい曲です。
ちなみに、アルバムのジャケットも大人っぽくて当時自分を魅了しました。
いヴ

風のシルエット
*曲名ポチすると、別窓でYOUTUBEに飛びます。

この「風のシルエット」ですが、私が昨年、MJにお別れを告げるべくロスへ行った折、現地のラジオでも流れていました。
車に乗せてくれた現地のおねーさんと私が、ラジオから流れて来た「風のシルエット」を同時に鼻歌した時、「音楽って本当に世界共通なんだな~」と実感したという思い出があります。
大事な思い出の曲です。


この曲とボビー・コールドウェルを初めて知ったきっかけは、Sing Like Talkingの佐藤竹善さんが、ご自分のラジオ番組で「風のシルエット」を流してくれたことだったと思います。

当時私はこの佐藤竹善さん(とSing Like Talking)の大ファンで、いわゆるコンサートというものに初めて行ったのも、Sing Like Talkingでしたが、それ以前に佐藤竹善さんは、私の音楽の師匠でした(と一方的に慕う)。

彼のラジオは、私にとっては音楽の宝箱みたいなもので、毎回毎回ステキな曲がかかるのでワクワク♪
私が音楽的に一番影響を受けた人物は、この佐藤竹善さん!

ボビー・コールドウェルの他には、TOTO、ケニー・ロギンス、ドゥービーブラザース、エリック・タッグ・・・そういうのを聴いて、中学生の私はモロに影響を受けてました♪
そうそう、KOLL&The Gangも佐藤さんに教えてもらったんですよ~www
中学時代に聴いていた(当時ですら古い)曲を、20年弱の時を経てビルボードライブで生で聴く・・・これは、なんだかものすごい気がします!
音楽には、賞味期限がほんっっっとにないんですよね☆☆
アメイジーン!

自分は父の影響で音楽が好きですが、父と自分の好きな音楽に、なんとなく違和感を生じ始めて来た頃(解散間際のバンドみたいだ)に出会ったのが佐藤さんでした。
彼の流す音楽を聴いていて、モヤモヤがだんだん晴れてきた感じ♪
今思うと、それは思春期の、いわゆる反抗期だったのかもしれないな・・・www

佐藤さんは、カバーアルバムも出していますが、当時はよくラジオでも流れる曲に合わせて、彼も一緒に歌ったりしてました☆
自らが曲に合わせて歌うパーソナリティってのも珍しいですよね・・・。
その中には、おなじみのWe Are The Worldもあって、シンガー1人1人の物真似をしながら歌ったりしてましたよ~^^;


ちょっと脱線が長くなりましたが、本題に戻りますwww

その他、ボビーさんの曲は、日本ではパーラメント(タバコ)のCMに使われたりしたので、彼の名前を知らなくても曲は聴いたことあるって方はいらっしゃると思います。

例えば、これとか。きれいですよね~~・・・。
夕焼けのビーチが目に浮かんで来そうですぅ(*´-`*)
Heart Of Mine


おまけですが、とても曲調とボビ声が合ってて好きなので・・・
ボビさんによる、竹内まりやさんの「カムフラージュ」のカバーです。癒される~♪
カムフラージュ(ボビさんバージョン)


まだまだ暑いですが、な~~~んとなく夏の終わりを感じさせなくもない、今日この頃です。
ライブに行ってきたら、またレポしたいと思います。
早くボビーさんに会える秋になってほしいと願う反面、夏が終わって欲しくないと切に願うアネおけでした☆
スポンサーサイト
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
07 09
プロフィール

おけはと

Author:おけはと
旅と音楽、そしてお花とおいしいものが大好きなおけはとの日記です♪妻になり、そして一児の母になりました♪

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。