スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

9月Songいろいろ

つい一週間前までは残暑厳しいと思っていたのに、急に涼しくなったと思ったらもう9月も終わりですね。
9月って、毎年なんかあっと間に終わってるような気がしませんか~(><)?

最近、あんまり音楽を聴いていなかったので、ふと思い立って、9月をテーマに色んな曲を聴いてみました。
邦洋ともに9月(september)の曲っていうのは色々あるもんです。

全般的に、夏が終わって恋が終わって傷付いて、思い出になっちゃった・・・みたいな、切な系の曲が多いな~と思いました。
邦なら、「去」「別」「雨」「風」・・・そんな単語をよく見つけた気がしますし、洋だと「remember」をよく見つけました。
ちなみに、南半球では季節が逆なので、南半球にある国の方がこれらの曲を聴いてもあまりピンと来ないのかもね。

てことで、今日はたくさん聴いてみた9月の曲の中でいくつかピックアップしてみようと思います。
9月は名曲がたーくさんあり過ぎてしぼれません!
これでも減らしたんですが、長くなったらゴメンナサイ↓


★歌謡曲&しっとりメロウ系★
9月歌謡曲(なんだそれ)は、、気持ちいいくらい上記9月ソングのキーワードが入ってます。
つか、9月ソングキーワードのデフォは、ここから発信?!

♪九月の雨:太田裕美
私は「木綿のハンカチーフ」よりこっちの方が断然好きだ。
九月つったら雨!のスタンダードを築いた名曲と思う。。
セプテンバーレインレイーン♪
後半、転調する辺り、けっこう激しくていいな~♪

♪九月の色:久保田早紀
久保田早紀さんったら「異邦人」ですが(私も接待カラオケでよくお世話になっておりますw)、この9月の色も、涼しげないい雰囲気を醸し出してます。
この人は、ほんと色っぽい~~♪

♪9月の海:具島直子
具島さん自体あまり知らないという方も多いと思いますが、綺麗な声してますよ~。
私と同じAORが好きな方にはオススメなアーティストです。
この曲、ノリピーに提供したらしくノリピーバージョンも聞いてみましたが、悪くない^^
9月の雨の日なんかにまったりとしたい時に、BGMとしてもいいんじゃないかな~?


★定番アーティスト系★
そりゃ、この人だったら9月曲の一つや二つあるでしょう?っていう方々の曲を集めてみました。

♪湘南SEPTEMBER サザンオールスターズ
夏のサザンに、夏の終わりの9月ソングがあってしかるべしwww
歌詞に9月と入るとか、夏の終わりの曲はもはや書ききれない!
夏のワルツ、哀愁あっていいですよね~。

♪船を出すのなら九月 中島みゆき
歌い出しを聴き、「小さな木の実」をついつい思い出してしまう。
さすがみゆきさん、チャラチャラ9月を歌っていませんから!!
別れ歌うたいが9月を歌うとこんな風になるのか・・・となんだか背筋がゾッとしましたwww
たくさん9月ソングを聴いた中でも、最も重厚な1曲。

♪September Blue Moon:松任谷由美
この曲はラテン調なのに、しっかりと秋の風を感じる不思議な曲です。
ユーミンは、いつも巧みに季節感を表現してくれますが、この曲聴くといつも「まっこと見事だな~」と思う^^
自分落ち込み系が多い中、「落込んでるアナタを見守ってる」という、9月にしてはポジティブな歌詞も好きです。
9月ソングは他にもあります(「9月には帰らない」「9月の蝉しぐれ」)


★一見明るいけど系★
9月はまだ夏という思いを引きずりつつ、ラテン調・レゲエ調など、意外と明るい9月曲も耳にしました。

♪SEPTEMBER:竹内まりや
こんなに元気で可愛らしい曲なのに、「9月はさよならの国」とか・・・悲哀?
と思いきや、後半「シュビドゥバ」。
失恋したにしては、のんきすぎやしないかwww
若いまりやさんの、お嬢様っぽい可愛らしい姿が思い浮かぶような可愛い曲です。

♪せぷてんばぁ:Crazy Ken Band
この曲、歌詞が正直でいいな、って思ったのでつい最後まで聴いてしまいました^^
ちょっと寂しくて、でもなんか元気になるようなwww

♪すみれSeptember Love 一風堂
まー、とりあえずってことでwwwww
自分はSHAZNAバージョンの方の年代なのですが、一風堂の方がまだいいと思います(汗


★その他番外★

♪September: Earth, Wind and Fire
私が「SEPTEMBER」と聞いて真っ先に思い浮かぶのは、当然、コレ!!!
なのですが・・・実はこの曲、正確には12月の曲なんだよね~~~~!笑
「今は12月」って歌詞の中ではっきりとw12月に、過ぎ去った9月の思い出を振り返る曲なのね。
ラジオでも9月になると1回は聴く、名曲中の名曲でございます☆

♪てか、アーティスト名が9月
スウェーデン女性歌手、韓国の3人組ユニットでSeptemberという名前の歌手もいらっさいました☆


こんなにたくさんの9月の曲を一気に聴いたのは初めてですが、そこはかとない疲労感と充実感を今、感じておりますwww
もっと書きたい&聴きたいのですけど、正直、洋のほうまで手が回らなかった・・・ふぃ~。
10月11月はこんなにたくさん出てこないんだろうな~~。と思いつつ、また月ごとに調べてみても面白いかもと思っております。続編があるかも・・・でも期待しないでお待ちくださいwww
スポンサーサイト

オペラ鑑賞に挑戦中

先日、実家に帰省した折に久しぶりに幼なじみのお母さんに会い、彼女から良い知らせを聞きました。

その幼なじみは男の子(といっても私の同級生だからもぅかなりいい年ですが)で、昔はやんちゃで小学生の頃は私の髪を勝手に切った容疑で叱られたりしてた子でしたが、今はプロのテノール歌手として活躍しています。

何度か地元でコンサートを開いたりしたので、見に行った家族から彼の歌の評判を聞いてはいたのですが、まだ私は実際に聴いたことがありません。
ですから、機会があれば一度、彼のコンサートなりに行ってみたいと思っていました☆

しかし、そんな矢先に彼がイタリア留学してしまったため、ますます機会が遠退いていたのです…(-_-)


ところが、彼の母親の話によると、彼はこの秋に一時帰国して、いくつかコンサート等を開催するとのこと。聞けば、うちひとつは私の自宅から1時間半で行ける会場らしい!

これは行くしかないね!!

ということで、私の母→彼の母経由で、チケットを取ってもらうことになりました\(^O^)/
今年はなんだか音楽に縁があるようで嬉しいです!!

しかし。
今回のライブ(?)は、人生初のオペラ。

私はオーケストラやピアノのクラシック音楽はたまに聴きますが、オペラは完全にアウェイです。

正直、あんまり相性が良くない。すなわち、好きなタイプの音楽じゃないほう(スミマセン)。

でも、今回はせっかく同級生が主役をはるオペラなので、これを機に、食わず嫌いを無くしてみたいと狙っています。

ということで、今は、目下オペラ鑑賞の練習中~。

どうせなら話がわかった方が本番の当日楽しめると思うので、彼の出演するオペラの題目を少し勉強し始めました。

旅行に行く前に現地の歴史などを調べてから行くと色々わかって面白いのと同じ理論です♪
イタリア語で歌われて意味わかんないと困るもんね。

今のところ、まだオペラの魅力というものが良くわからないので不安ですが、秋までには少しは慣れておきたいと思います。

私の夏の宿題です(笑)

ボビーが来日するぞ!

3月にKOOL & THE GANGのライブを見に行ったビルボードライブ東京。
実はその際に色々とビルボードライブのことを調べているうちに、自分にとってすごく重大なことを知りました。

昔から大好きだったアーティスト、ボビー・コールドウェルが毎年ビルボードライブに歌いに来てくれているらしい~\(^O^)/
知らなかったYO!!

なので、それ以来ビルボードライブのホムペとダイレクトメール冊子を、「今か今か」とちょくちょくチェックしてました。
そしたら、ついに先日、10月にライブ日程が決まったとの発表が☆
よっ、ダンナ!待ってましたぜ~!

秋の夜長にしっとりボビー・コールドウェル♪
最高じゃないすか(-^艸^-) むふー

ボビー・コールドウェルさん(もうちょっとで還暦)
 190px-BobbyCaldwellByPhilKonstantin.jpg

言わずと知れた、AORの代表的アーティストであります。
KING OF AORとかミスターAORとか・・・とりわけ日本でとても人気高いようで、色んな通り名をお持ちのご様子♪
私はボビさんの曲は古いほうがお気に入りなので、90年代にジャズ路線に方向転換してからはほとんど知らないですが、チラ聴きしたら、それでもいい感じでした。
ま、やっぱ昔の感じに戻ってくれたらいいなと思わずにはいられないけど・・・。

彼の代表曲はたくさんありますが、デビューアルバム「イヴニング・スキャンダル」からまずは彼の最大ヒット曲を。
What You Won't Do For Love(邦題「風のシルエット」)

色んなシンガーがカバーしてますが、誰が歌ってもサマになる、とてもとてもいい曲です。
ちなみに、アルバムのジャケットも大人っぽくて当時自分を魅了しました。
いヴ

風のシルエット
*曲名ポチすると、別窓でYOUTUBEに飛びます。

この「風のシルエット」ですが、私が昨年、MJにお別れを告げるべくロスへ行った折、現地のラジオでも流れていました。
車に乗せてくれた現地のおねーさんと私が、ラジオから流れて来た「風のシルエット」を同時に鼻歌した時、「音楽って本当に世界共通なんだな~」と実感したという思い出があります。
大事な思い出の曲です。


この曲とボビー・コールドウェルを初めて知ったきっかけは、Sing Like Talkingの佐藤竹善さんが、ご自分のラジオ番組で「風のシルエット」を流してくれたことだったと思います。

当時私はこの佐藤竹善さん(とSing Like Talking)の大ファンで、いわゆるコンサートというものに初めて行ったのも、Sing Like Talkingでしたが、それ以前に佐藤竹善さんは、私の音楽の師匠でした(と一方的に慕う)。

彼のラジオは、私にとっては音楽の宝箱みたいなもので、毎回毎回ステキな曲がかかるのでワクワク♪
私が音楽的に一番影響を受けた人物は、この佐藤竹善さん!

ボビー・コールドウェルの他には、TOTO、ケニー・ロギンス、ドゥービーブラザース、エリック・タッグ・・・そういうのを聴いて、中学生の私はモロに影響を受けてました♪
そうそう、KOLL&The Gangも佐藤さんに教えてもらったんですよ~www
中学時代に聴いていた(当時ですら古い)曲を、20年弱の時を経てビルボードライブで生で聴く・・・これは、なんだかものすごい気がします!
音楽には、賞味期限がほんっっっとにないんですよね☆☆
アメイジーン!

自分は父の影響で音楽が好きですが、父と自分の好きな音楽に、なんとなく違和感を生じ始めて来た頃(解散間際のバンドみたいだ)に出会ったのが佐藤さんでした。
彼の流す音楽を聴いていて、モヤモヤがだんだん晴れてきた感じ♪
今思うと、それは思春期の、いわゆる反抗期だったのかもしれないな・・・www

佐藤さんは、カバーアルバムも出していますが、当時はよくラジオでも流れる曲に合わせて、彼も一緒に歌ったりしてました☆
自らが曲に合わせて歌うパーソナリティってのも珍しいですよね・・・。
その中には、おなじみのWe Are The Worldもあって、シンガー1人1人の物真似をしながら歌ったりしてましたよ~^^;


ちょっと脱線が長くなりましたが、本題に戻りますwww

その他、ボビーさんの曲は、日本ではパーラメント(タバコ)のCMに使われたりしたので、彼の名前を知らなくても曲は聴いたことあるって方はいらっしゃると思います。

例えば、これとか。きれいですよね~~・・・。
夕焼けのビーチが目に浮かんで来そうですぅ(*´-`*)
Heart Of Mine


おまけですが、とても曲調とボビ声が合ってて好きなので・・・
ボビさんによる、竹内まりやさんの「カムフラージュ」のカバーです。癒される~♪
カムフラージュ(ボビさんバージョン)


まだまだ暑いですが、な~~~んとなく夏の終わりを感じさせなくもない、今日この頃です。
ライブに行ってきたら、またレポしたいと思います。
早くボビーさんに会える秋になってほしいと願う反面、夏が終わって欲しくないと切に願うアネおけでした☆

Delight of my love・・・(2)

さて、前回の記事からのまさかの引っ張り「新・愛の嵐」の主題歌についての続きです。

吉村まさみ feat. De Voice
『Delight of my love』
まずは、聴いてやっておくんなせ。
美しくて歌詞にあった場面の画像と一緒に楽しめるので、youtubeから失敬しました。
Delight of my love

この曲、、当時から私は歌詞がすごく好きで、特に歌い出しの


閉ざし忘れた窓に雨が そっと吹き込んで部屋を
いつの間にか濡らすように 私心が泣いた


というところにまず心を掴まれます。

この歌詞のように、爆裂に悲しいとかっていうのとまた別の繊細な寂しさや哀しみを感じることってありますよね。口に出して説明しろって言われても、私にはぜーったい無理な、モヤモヤした感じともまた違う、感情。
そういうデリケートな心情を、この歌詞ってとても巧みに表現しているな~~って、初めて聴いた頃からずっとそう思います。

そして、


すみれ色した 夕暮れの陽が


ここ、簡単な言葉ですが、ご注目!
うっかり夕方表現で「茜色(オレンジ色)」とか言いたくなるところを、あえて「すみれ色(青紫色)」ときちんと表現。
「夕焼け」は茜色かもしれないけど「夕暮れ」は、うん、すみれ色だわ~と納得。
日本語の美学がここにあると、そう思いました。

あと、前から好きでしたが、今回久々に聴いてみて、尚更胸に共感したのがこのフレーズ。
この辺り、今となっては、ついついマー様を連想してしまう。。。


傷つくことも 孤独なことも 何も恐れてはいないけど
ただ想いが滲むことだけ それだけ(それが)怖かった


最近は「それでもいいかもよ」となるべく自分を許すようセルフケアしていますが、ほんの数ヶ月前までは、いつかはマイケル(が天国に行ってしまった哀しみ)のことを忘れてしまうのではないか、そんなのヤダ~ぁぁぁ(T□T)!とビビッてた時期があり、まいんちまいんち無理にでも泣こうとしていた時期があります(今思えば、だいぶ暗いことしてた)。
それに思わず気持ちが被る歌詞で。
聴いててウッと思いました。。。

だけど、次の最後の歌詞で、少しふっと気が楽になりました。


別離(わかれ)はいつも 試されること
でも心だけは離れない

この愛に包まれて生きてる
いつの日か来る Delight of my love


あ~そっか、今、私のMJへののラーヴは試されているのか・・・・。
でも、きっといつの日かいいことがあるのだな。
なんか、よくわかんないけど、がんばろう!生きよう!
って気持ちが盛り上がってきます。ポジティブシンキン!


思わず、自分の気持ちを吐露してしまいましたが、このように、この曲は全体的に切ないものの、終わり方に未来が残されているので、ドラマのドロドロをなんとか中和できているのでしょう。
(と、無理やり話の筋を戻してみるwww)

実は、ドラマの方は、なんで。っていうめっちゃ悲しいラストを向かえてしまうのですが・・・www

なんとなく今日は歌詞に重点を置いてしまいましたが、忘れちゃいけないこの曲、デュエットなんでした♪
実は、ハーモニーも歌詞ごとに違うアレンジがしてあって、音としての聴きどころも満載なんですよね^^

●1番サビ
「(すみれい)ろ~した」のあたりの男声が、夕暮れの柔らかな影の質感を醸し出して、なんだか懐かしさを感じます。じーちゃんが畑で焚き火をしていたのを思い出しましたwww

●2番サビ
1回目サビは1番と同じですが、2回目のサビ「緑のなびく~」の辺りからは、徐々に盛り上がっていきます。
「緑のなびく 緩やかな丘」という歌詞と、この伸び伸びとしたハーモニーを合わせて聴くと、爽やかな風が吹いて来たよう爽快な気分。
テレビでは、この部分が主題歌として使われていました。

●クライマックス以下ラスト
二人のアドリブソロと壮大なハーモニーで、最後まで、きっちり魅せますね。ファンタジスタ~!



・・・・
は~。

と、このように今回は、後輩Uの発言を発端に、このような懐かしいんだか古いんだか忘れ去られてるんだかわからない内容の記事を書いてしまいました。
そんなことよかEO見に行けよって?スミマセンwwww
久々にブログをアップしたと思いきや、こんな唐突な内容ですみません。
2件になりましたが、なんとなくマイケルさんへの想いっつーか、そういうのも、たまには少し盛り込んでみましたので、悪しからず。デス^^;

最近飲み会ばっかで、体重めきめき増加中ですぅぅぅ。
日頃のご愛顧に感謝し、現在内容量20%増量中(当社比)☆
では、また。




Delight of my love・・・(1)

ついにトキオデズニレーンで我が麗しのキャプテンが復活なさいました!!
そういいながら、まだ見に行ってませんけども・・・覚悟が決まったら(?)ゆっくりひっそり見に行こうと思います。うっかり一年経たないように気をつけんと。

そんな盛り上がりの中、今日はぜんっぜんマイケル関係ないことを書きます(自分的には、ちょっと関係あるかな)。


先日、会社の飲み会で、久しぶりに、前に同じ部署だった後輩君とゆっくり話をしました。

それで、その日もいつものように懐かしい当時の話をしていたのですが、ふと彼(以後Uとします)が、
「先輩、新・愛の嵐にはまってたの懐かしいっすね!デライトオブマイラブ、このあいだ聴きました!」
と言い出しました。
一瞬「?」と思いましたが・・・

おーおー思い出した!!!

『Delight of my love』
は、お昼の連ドラ「新・愛の嵐」の主題歌。
Uと私はフジテレビ枠の昼ドラ(ドロドロ系のやつねwww)がけっこう好きで、その頃もよく、「新・愛の嵐」について語っていたのでした。

ちょっと話がズレますが、このフジの昼ドラ枠は、いまだに毎回興味があります。
わざわざ見るということはしなくなりましたが、休みの日に家にいると、ついつい、いいとも→ごきげんよう→昼ドラという流れに乗ってしまう。。。

このドラマの前は「真珠婦人」という「まさか」と言わせる内容のドラマだったし、新愛の嵐が終わった後は、人気シリーズの「はるちゃん(6)」。目がはなせませ~ん!

その数年後の2004年に放送されていた「牡丹と薔薇」はもう・・・とても口に出せないような激しさで、これまた一世風靡しましたし、私もかなりハマリました(汗

今は、今日で最終回かな?の「娼婦と淑女」ですね。安達祐美ちゃんです。
ちなみに、今日は見逃しましたwww
安達祐美ちゃんは、なんだかとっても昼ドラ向けの女優さんだな~と思っていたので、満を持しての登場って感じ!
多分、「家なき子」のイメージがそのまんまなんだろうなあ。


私は普段はまず、恋愛モノのドラマは見ないのですが、このドロドロの昼ドラはつい、見てしまいます。
なんでだろう?
おそらく、大好きな時代劇に通ずるような「ベタ」とか「ネタ」とか「非現実」が大いに盛り込まれているので、むしろ安心して見ていられるのかもしれないですね。
似た環境(?)にある人にとっては、これ以上見たくないドラマかと思いますが。。。


さて、話を元に戻しまして。

*新・愛の嵐*は、どういうお話かと申しますと・・・
1986年に渡辺裕之さんと田中美佐子さん主演の「愛の嵐」が放送されましたが、そのリメイク版として、要潤君と藤谷美紀さん主演で、2002年に放送、一世風靡しました。
あらすじは、かんったんに言うと、大地主の娘と孤児で使用人の男が身分を越えて愛し合うも、多くの困難が二人の愛の行方を阻む・・・そして・・・という、愛憎劇。


まさに、キング・オブ・昼ドラ、と呼ぶにふさわしいドラマ(と思います)。
要するに、めちゃくちゃベタな昼ドラだったのですが、そのドロドロを、さわやか~に、でも限りなく熱~く盛り上げてくれていたのが、この主題歌でした。


主題歌の中では、一番好きだったな~・・・。
この曲を歌っていらっしゃる吉村まさみさんは、海外でもデビューされているシンガーソングライターですが、いまいちパッとせず(失礼)、残念です。

すっごーく綺麗な声をしています。
透明感があって、ちょっとハスキー&スモーキーで、「揺らぎ」があって。
そんな吉村まさみさんの歌声が、この曲そしてドラマを大いに感動へ持っていってくれました。

Uに言われて、久しぶりに聴いてみたら、やっぱりいい曲で、ちょっと泣けた。。。
歌詞がすごくいいのと、二人のハモりが歌詞に合わせて変化するのも、すごーく合ってる!


Uが言っていた「一緒に歌いましょう」というのは、この曲はデュエットソングなので、いつかデュエットしようという約束を言っているのでした。

当時私がシングルを買って、パート分けして練習していたのですが、なかなか二人でカラオケに行く機会もなく、一度もデュエットしないまま、私が異動になり・・・今日に至ります。


そんな二人の状況も、この曲の歌詞にある意味ふさわしいのかもしれないなwww・・・と思う、今日この頃です。


といいながら、どんな曲かというところまで書いてしまうと、めちゃくちゃ長くなってしまうので、続きは(2)にアップすることに致しま~す☆


自分でも、続き物になるとは思わなかった・・・www
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
08 10
プロフィール

おけはと

Author:おけはと
旅と音楽、そしてお花とおいしいものが大好きなおけはとの日記です♪妻になり、そして一児の母になりました♪

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。