スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

両国で夢叶う!②

…前回までのあらすじ…
上司命令により、急遽夢の大相撲観戦することになったアネおけ。
ついに、憧れのあの人に遭遇する!
(大げさだな)

少し慣れた頃に、私が見た中ではこの日一番長かった相撲、朝赤龍と土佐豊の2分半くらいに及ぶ戦いがあり、これでいったん休憩?となります。

この戦いも、とても見ごたえのあるものでした。
相撲を取り終えた勝利した朝赤龍を見送ったのですが、体は真っ赤で、ものすごい汗をかいていました。
お疲れ様です!

ここから先の取り組みは、また別の親方メンバーで審判するようで、貴乃花親方は、ここでサヨナラ。
土俵をお掃除したりして、しばし休憩後、再開となるのです。
審判の入退場も私のいる西の花道からなので、近くを通ります☆


そして、しばらくして、新たな審判親方衆が入場して来ました。
ボーッと見ていたら、ここで大事件が!
目の前にいきなり、超憧れの
・・・・・・・てらお(゚Д゚)!!!!!

☆寺尾☆
元→関脇寺尾。
現→錣山(しころやま)親方
てらお1 terao_convert_20100914000052.jpg
ご自身のHPより、拝借///

「あっ、ほらおけちゃん寺尾よっ!」
国技館入りしてから以降、口酸っぱく、寺尾を見たら必ずすぐに知らせるようお願いしておいたので、係長もちょっと興奮気味です?
当然、私は大大大興奮です!!一瞬息が止まりそうになるくらいびっくりしました。
この日、何度も「これは夢じゃないだろーか」と思いましたが、寺尾の登場に、思わず本気でほっぺたをつねってしまいましたwww

「はぁぁ~っ寺尾だ~(´Д`*))) 寺尾かっこいいよ、寺尾!!!」
ボルテージ、MAX!!一気に鳥肌が立ちます。

なんと、次の審判の中に、寺尾さん(錣山親方とは呼びなれないので、このままいきます。悪しからず)もいらっしゃったのでした☆
取り組み表を見たらちゃんと明記されていたのですが、読み飛ばしていたみたい。
いやほんと、今日は怖いくらい運が良いです。

寺尾は、過去一番好きだった力士♪だけど、現在もメガネが知的で、現役時代とはまた違った大人の魅力に溢れてます。
どうかゆっくり歩いて下さいませ!と切に願う私を差し置き、容赦無く花道をスタスタと歩き、彼の着席したのは私と同じ向正面!5メートルほど先に寺尾が♪
201009131728000.jpg
↑白い着物を着て立っている方の下に座っているメガネの男性が、錣山親方です♪ぽわ~~~ん・・・(*♥р♥*)
あまりの衝撃に、頭の中には寺尾音頭が流れ始めました。。。


だけど次は派手なパフォーマンスでお馴染みの高見盛戦。
さすが、人気ベテラン力士だけあって、彼の登場に場内はわいています。
私も高見盛は好きだから、ワクワク♪
でも、じっと座った凛々しい寺尾の後ろ姿も、非っ常~に気になる!!
にわかに胸ドキが忙しくなり、混乱してきた私でした(笑)


さて、高見盛さんですが、今日もいつもと同じように気合いを入れて自らの体をバシバシ叩き、気合いを入れています。観客も高見盛に合わせて、掛け声をかけてあげてる。たのしー♪
そして見事勝利してました。

この辺りからは、もう全部の力士が有名で、いちいち「あっ、ダレソレ関だ♪」とか言ってばっかりになりました。
いつもテレビで応援している力士達が、目の前でぶつかり合っているという光景は、とても感動的ですね!

観客の野次もかなり飛んでます。
まだよくしゃべれないようなお子ちゃまも一生懸命力士に声をかけていて、微笑ましく、可愛いです。
「とちのち~~~ん(栃ノ心)!がんばれーーー!」とwww
そんな応援されたら、ますます勝たずにはいられないでしょうねwww
うんうん、栃ノ心は、私も大好きだよ♪


さて、土俵上では粛々と相撲がとられ、だんだんと終わりに近づいていきます。
うぅ、さみしい。もっと相撲見ていたいよ!

結びの取り組みひとつ前は、琴欧州VS鶴竜。
琴欧州は、特集番組を見てから優しげな感じが好きになりました~。王子様みたい♪

懸賞は、琴欧州はブルガリア出身の力士なので、明治ブルガリアヨーグルトが出してましたwww
もちろん懸賞袋は、琴欧州がきっちり持って行きましたよ~。
201009131759000.jpg 201009131754001.jpg



この懸賞旗についてですが、念のため説明しておくと、例えば後援していたりする力士の取り組みに対して、企業などが懸賞を掛ける際に掲げる旗です。
お相撲さんが制限時間いっぱいまでにらみ合いをしている間、周りを永谷園の旗が回ったりしているのを見たことがあると思いますが、これですね。
201009131801002.jpg

そして、その取り組みで買った力士が、懸賞金を持っていきます。
たまに、相撲をとった後に、「ごっつあんです」って感じでしゃがんで封筒を受け取ってることがありますよね?
あれが、懸賞袋です^^



そして、ついに結びの一番が来てしまいました。

待ちに待った、横綱白鵬が登場しました!!
思ったより、小さくて驚きました~。
てか、この日見た力士の中で一番小さいような・・・?気のせい?

でも、すごくお顔も体もすごーく引き締まってて、横綱っぽくてかっこよかったです!
なんとなくですが、やっぱ他の力士よりお顔が強そう・・・。

残念ながら、私のいる席からは東側の力士は大変見づらく、行司さんの影に隠れてあんまりよく見えませんでしたが、遠目に見てもそう感じるっていうことは、近くで見たらもっとオーラ感じるんだろうなと思います。
201009131801001.jpg


ちなみに、対する時天空は観客席の方を向いて見得を切ってくれたので(?)、かっこいい写メが撮れました。
時天空も、お相撲さんらしくてステキでしたよ。
201009131800001.jpg

この日の取り組みは一瞬で白鵬が勝ったので、すぐ終わってしまいました。
白鵬は今場所、連勝記録が名力士、千代の富士♪の記録に並ぶか越すかっていうところも掛かっているので、是非がんばって頂きたいです^^


そして、この日の取り組みが全て終わりました。
観客も、即効立ちます!余韻に浸る間もなく、片付けに入られてしまうのですぐ立たないといけないのです。
201009131810000.jpg
ひどくピンボケしてますが、それくらいさっさと移動しなくてはならなかったと思ってご容赦くださいね(汗

そして、残念ながら、寺尾さんも、ご退場。お別れのお時間です。。。涙
ゆっくりと立ち去るのかと思いきや、なんと小走りで去って行ってしまいました(><)
そうは言っても、私のすぐ数十センチ先を駆け抜けていくお姿、なんともステキで、目に今もその時のお顔が浮かびます♪

それから電車に乗って、池袋で係長にご飯ご馳走していただいて帰りました。
この日の出費、両国から地元までの交通費オンリーですwwwwすげーーー!

この日はもうほんと、大相撲を見れて、しかも寺尾さんに会えたことが本当にうれしくて、いまだに思い出しては、顔がニタニタ、頭の中が寺尾一色で困りますwww

家に帰ってから、玄関に飾ってあるマイケル写真に、心の中でハイタッチして、今日のラッキーを即報告しました。
突然のことでだいぶ色んなことに動揺しましたが、とても恵まれた良い1日でした。


大相撲は、とても面白いです。
最近は良くない話題でニュースになることが多いですが、実際見るとやっぱり現場の力人たちは真面目に頑張っているんだなと感じると思います。
機会がありましたら、是非皆さんにも見ていただきたいです☆
私も、次は自分でチケット買って、ちゃんとゆっくり見に行きます!

また、お相撲の人気が復活すればいいと願って、今回のレポは終わりにします。
長文読んでくださってありがとうございました^^
スポンサーサイト

両国で夢叶う!

夢のような日
などというものは、昨年6月26日を以て今後訪れはしないだろう、とやさぐれていたここ一年でしたが。

あっけなく、その夢のような日というものが今日、訪れました!(早
しかも、自分でもびっくりするんですが、全部実話です。ノンフィクション!
なんと・・・

ずっと夢だった、大相撲観戦してきました~~~!!!
しかも、タダ!!ひぇ~~い♪



はじめに言います。今日の私のテンション、日頃の比じゃないかも。

午後3時まで、私にとっては普通の会社の日。
そこへいきなり、直属上司の係長から、切羽詰った電話がかかってきました。

「おけちゃん、一緒に相撲行くわよ!常務が命令だって言ってるから!すぐ迎えに行くから準備しといてね!」

常務の命令?!
いや、うちの会社体育会系だから急な強引お誘いには慣れてるけど、ここまで強引かつ逼迫した感じはそうあるもんじゃない。

なんだなんだと言いながら2分で準備をし、迎えが来て、気が付いたら首都高に乗ってましたw

未だ、状況わからず。
車の中には、いきなり運転手の命を受けた後輩男子と、係長と、私。なんだ、常務は一緒じゃないの?
全員、急に呼ばれた立場だからしばし混乱&興奮&相互に状況確認状態。


どうも話をまとめると、もともと顧客を誘う用に取っていたお相撲のチケットが当日になって手違いで2枚余り、もったいないので係長と私に行ってこいということ。ありがたや・・・。
(しかも、すでに取り組みが始まっており、ぼやぼやしていると間に合わないので、送ってやるからさっさと行けという。ほんとにいいの?怖)

ここでようやく落ち着いた係長、「そういえばどの席なのかしら?」とチケットを取り出します。
見ると、向4列の文字が。

「・・・これって、向こう正面の・・・えっ、4列目って、もしかして砂被りじゃないっすか?!」
「あら!ほんとね!」
そう。そこはなんと、行司さんの後ろ側の、あの、テレビに映っちゃう席、デスよ!

ぎゃ~~~!!
初めは後ろの方のマス席から・・・とか夢見ていた私のデビュー戦が、なんと超憧れ席になっちゃうとは!!

あぁ、夢のよう。いきなり国技館に来て、いきなり砂被り。
怖い、自分の幸運が怖い!!

とりあえず、なにがなんだかわからない間に両国につき、そのまま入館することになりました。
返す返すも口惜しいのは、こんな一世一代の晴れの舞台に、カメラを持って行くことが出来なかったこと。
画像サイアクの私の携帯で、出来る限り写メって来たので、せめて雰囲気だけでもお伝えできればと思います。

国技館前で車を降り、まずは実家のばーちゃんに電話。
私が相撲のテレビに映ったら、紅白歌合戦に出場したと同じくらい喜ぶと思われます(笑)。

その後、入り口でチケットを見せると、「貴賓席受付へどうぞ」と促され、別の入り口に通されました。
いきなりのVIP扱いに、戸惑いつつも、身元確認の署名をし、入館します。
色々事件があったのでそうなったのか、もともとそうなのかは存じませんが、「自分は暴力団ではありません」というような文章が書いてあり、それに署名するというようなカードでした。


201009131629000.jpg 201009131622000.jpg 201009132146000.jpg

署名を終えて入館し、まずは自分担当のお茶屋さん(なんていうか・・観客のお世話係り屋さん?)に行き、チケットを見せて席まで案内してもらいます。
グッズとかも色々売っていますが、急いでいたためスルー。

案内された席は、西の花道脇の、土俵に近い席!
入退場のお相撲さんが、すぐ横をかすめていきます!
201009131644000.jpg 201009131650000.jpg

うわ~~!テレビで見たとおり!!!
つかお相撲さん、めっさかっこいい!!

どーでもいい情報ですが、私は幼い頃からジジババの影響により、ヒーロー(いい男)=ちょんまげ&大柄という図式が脳内回路に出来上がっています。
なので、ここ国技館は、私にとってはイケメン博覧会と言っても良い、ロマンティックプレイス(?)♪
お相撲さんは全員かっこよく、ステキに見えました。


国技館は、観客も会場への出入りを自由にやっている感じで、ワサワサワイワイ庶民的です。
常連さんはお相撲さんに声を掛けたりしてましたが、他の人もけっこう皆パシャパシャ写真撮ったりしてて意外。
でもお相撲さん自体は寡黙&真剣な面持ちで、1人としてニヤけたり観客を意識したりする素振りは一切ありませんでした。
当然っちゃ当然ですが、こういうところ、勝負の世界っぽくて、さらにカコイかった♪

きょろきょろしていると、取り組み表を見ていた係長が、「あ、今、審判でどこかに貴乃花がいるはずよ」と教えてくれました。
土俵の四面に、1人から2人、親方が審判として座っています。
良く見ると、対面に、貴乃花親方が座っていらっしゃいました!かっこいい!

貴乃花親方を拝見するのは実は2度目。
中学生のころ、地元のイベントでまだ貴花田だった親方を見ました。
密かに、再会を喜びましたwwwww


さて、落ち着いて、もう少し周りを見渡したりできる余裕が出てくると、テレビでは気付いていなかったいくつかのことに気付きました。

まず、行司さん(はっけよーいのこったって言う、軍配持った人)と、呼出しさん(にぃ~し~、ナントカやぁまぁ~とか、取り組み前に関取の名前を読み上げる人)のこと。
取り組みの都度、替わるんですね!知らなかった!

あと、お相撲さんは取り組み前に土俵脇に座って待っているのですが、その時に使う大きなお座布団を、付き人さんだか何だかさんの方が、そのお相撲さんのマイ座布団に入れ替えてるんです~(´∀`)
係長は「座布団運び」と呼んでたけど、そんな笑点みたいな役職名なんでしょうか?
後で調べてみよう。そんなのテレビに映らないから知らなかったよ☆

見てて思ったのは、取り組みひとつに、ほんっとーにたくさんの人が動いているんだな、ということ。
色んな人がいて、色んな役割を淡々とこなしていました。
なるほどねぇ。


そして、まず初めての取り組みを見て、その迫力に感動しました。
テレビと、音が違う!

気合を入れる息遣いや声、塩をまく音や手を打つ響き、立ち会ったときの最初の肉のぶつかり合う音。。。
そういうたくさんの音が、すごく肉々しくて、リアルでした!!
はぁ・・・ようやく、実感が湧いてきたよwww

そう思ったら、ますます今後の取り組みが楽しみになってきました♪
土俵は、これからが盛り上がります!
好きな力士もまだ登場してませんし、なんたって横綱をこの目で見てみたい^^
実家から、「テレビ写ってるよ!」の実況も入り、さらに私のボルテージは上がります。

そして、その後取り組みは進み、ついに、今日一番の興奮が、私を襲うのでした。
予想外に登場したのは、なんと、だーーーーーーーい好きな、あの人!!!
さぁ、誰でしょうwww


早く書きたいのですが、また長くなってしまったので、この際引っ張ったまま、続きます。

軽井沢ウェディング

大学時代の友人ヨシエ(都内ホテルステイ体験でこのブログにも登場したこと有りw)の結婚式に出席するため、軽井沢へ行って来ました~。

当初は日帰り予定だったけど、他の友達が宿泊するいうことで、私もお付き合いすることに。


♪あさまに乗った♪
朝は大宮駅から、長野新幹線に乗車。
長野にはいつも車で行くので、軽井沢へも電車で行くのは初めて。
東京から出発し、群馬県の高崎で長野方面(長野新幹線:あさま)と新潟方面(上越新幹線:とき・たにがわ)に分岐する。
私の実家は新潟なので、普段使う上越新幹線と長野新幹線、乗車ホームも同じなので正直ワクワク感は皆無。
信越は景色も似ているので、なんだか実家に戻る感じがした。
でも一応、あさま初体験てことで、良かったw

しかし、軽井沢って近いのね~。
大宮からだと40分かからなくてびっくりした。
東京からでも1時間ちょいで着いちゃうもんね。


♪軽井沢駅で信州そば♪
家を出て、正味1時間半ほどで軽井沢に到着。
さすがに残暑厳しいけど、日陰に入ると、何とも心地よい風が吹いてきた。
あぁ、さすが避暑地だわ~と思う。

友達との待ち合わせまで1時間あるので、翌日のバス(帰りは安価な高速バスにした)の乗車場を確認し、軽く昼食をとることにした。
多少大きな駅構内には必ず立ち食い蕎麦屋があるけど、ここの駅には、峠の釜飯で有名な「おぎのや」さんが運営している立ち食いがある。
蕎麦の本場なので、期待を込めて山菜そばを注文。
冷凍ではなく生そばを茹でているので、ちょっとだけ時間がかかるけど、麺はさすがにいつも食べている立ち食いの味とは違って歯ごたえのある、美味しい信州蕎麦でした♪

この駅には、憧れのしなの鉄道も通っているけど、今日は鉄旅ではないのでw、後ろ髪ひかれつつスルー。
だけど、駅に色々列車が展示してあったので、一応パシャって来た。
20100904_137_convert_20100906232353.jpg 20100904_139_convert_20100906232543.jpg





♪石の教会と面白神父さん♪
バスに乗って山の中腹までいくと、そこが結婚式場のあるリゾートホテルだった。
テラスのロビーで、式が始まるまでお茶して待っていた。
緑がいっぱい、気持ちいい~・・・

ほどなくして、結婚式の時間となった。

登場した花嫁(ヨシエ)は、小柄な彼女らしく、とってもかわいらしかった♪♪♪
初めてお目にかかるダンナ様は、年下なので若い!って感じ。白い歯がまぶしいwww

その新郎新婦とともに、いきなりバスに乗り込み、別棟にある「洞窟の教会」へ。
写真撮影禁止ということで、内部の写真は撮れなかったのが残念。
ひんやりとして、ムードのある教会だった。

神父さんが面白い方で、近所の坊さんが乱入して来ちゃったみたいだった(爆
んでこの神父さんが誓いのキスの時、「では、口付けを、ど う ぞ~~~~♪」とでっかい声で言うもんだから、私思わず噴出しちゃって、うつむいた瞬間にキッスが終わってしまった。
決定的場面を見逃した次第www
だけど、この坊さ・・・じゃなくて神父さん、ライスシャワーの時も「思いっきりぶつけてやって♪」とか言って皆を和ませてる、すごくいいおじさんでした♪



♪ゲストコンシャススタイルというかたち♪
今回の披露宴は、初めての形式で楽しめた。
新郎新婦&ゲストが、自由に会場内を動き回れるスタイルで、堅苦しい挨拶やお約束の「二人の思い出ビデオ鑑賞」も無し。
普通の披露宴では、やれ主賓挨拶だの祝電披露だの余興だのと、ちゃんと見たり聞いたりしなきゃいけないイベントが多すぎて、本音をいうと正直毎回かったるい。

でも、今回は食事しながら久しぶりに会った友達とゆったり話をする時間があったし、周りのゲストも実にゆったりとくつろいでいるようで、雰囲気がとても良かった。
かといって、食事も適当かというとそんなことはなく、手の込んだ可愛らしいオードブルから、本格的なフレンチまで織り交ぜ、色んなものをいただける。
写真の魚の形のパイは、「すずきのパイ包み」。
よく名前は聞く料理だけど、食べるのは初めて~♪ワーイ
20100904_182_convert_20100906231644.jpg 20100904_205_convert_20100906231918.jpg



途中、ヨシエのゼミ先輩のプロマジシャンがマジックを披露してくれるイベントがあった。
私は手品が大好きなので、間近で見られて、すっごく嬉しかったな~♪
余興というより、プロが仕事で来てるわけなので、俄仕込みの余興とは違って(ゴメン)とても楽しかった☆

なんか、ここの式場は、花嫁をそこに置くとすげー見栄えのする景色ばっかりに囲まれているので、いつもより写真を撮る枚数が増えてしまう。
同席の友達には、「なんかヨシエのパパラッチみたいだよ・・・」と失笑されるwwwな!!!
つーかカメラを忘れたのはどこのどいつだい?w



♪最後にやらかす♪
さて、ガンガン食ってガンガン飲んだ(オイ)披露宴も無事に終わり、宿泊先の別のホテルへ移動することとなった。
タクシーに乗り込むとき、なんとなく違和感を感じたけど、それがなんなのかを突き止めるに至らず、ホテルに到着。
そこで、ハッと気が付いた。

引き出物 わすれたーーーーー!!!

式場でタクシー待ちした時、ロビーにそのまま忘れて来てしまったのだ。
そこには、カメラも一緒に入っている・・・あぁ。

すぐに式場に連絡すると、フロントで保管してくれていた。あーよかった。
明日取りに行きます、ってことにして電話を切ったところ、それからしばらくしてヨシエから着信。
あー・・花嫁の耳にも、ダメダメゲストの失態が報告されちまったか。
と思いつつ電話に出ると、「私も同じホテルに泊まるから、忘れ物持ってくね~♪」とのこと。

お疲れのところ申し訳なさ過ぎて、平謝り。
すると、彼女たちの部屋も近くにとってあり、夜にちょっと挨拶に来るつもりだったからかまわないと言ってくれた。
式の後に挨拶周りなんてしなくていいのに~(><)
・・やっぱ、いいヤツだなと感激した。

とりあえずホテルの玄関で花嫁の到着を待ち、その日のうちに荷物はゲトできました。
あ~恥ずかしかった!


恥ずかしいまま、次回へつづく。

特攻野郎で暑気払いだ!

8月も後半。
日中は猛暑でも夜はだいぶ過ごしやすくなりましたね。
マイケルのお誕生日が過ぎたら、もう9月ですよ。
早いなぁ。

最近は、なんだか職場でも鬱憤が溜まることが多くてイライラしちゃって困ってます(>_<)


だから今回は、スカッとする映画を見たくて、久しぶりにドッカン系アクション映画を見て来ました。
特攻野郎Aチームです☆


以前にインセプションも見に行ったのですが、想像したよりもだいぶ切ない映画だったので、リベンジです。
特攻野郎なら安全パイでしょう(笑)


客層は、アクション映画らしく男性七割。

私の座席の前には、中高生らしき男子のグループがおり、持ち込みの(ホントはダメだよん)お菓子とジュースでワイワイやってました。
私も、ポップコーンを抱えてザクザク食べながら気楽に鑑賞です。


感想?
ないよ、そんなの(笑)


もちろん、きっちりとしたストーリー仕立てで楽しめるし、笑い要素もちょいラブもどんでん返しも用意されてます。

でもこの映画にかけた私の期待はそんなんじゃないんだな~wwwww

それより、日常生活で起こり得ないシチュエーションを見てスカッとしたいのさ!

そういう意味で、
ヘリが大回転したり!
戦車が空で大砲ぶっ放したり!
ビルみたいにでっかい船がメチャクチャに崩壊したり!

どう考えてもあり得ねーだろコレwww
っていうシーンが目白押しで、楽しめました。

3Dも悪くはないけど、こういう汗と爆薬の匂いがこっちまで漂って来そうな映画ってたまに見ると、スゴくいいなぁ。

ちなみに、素敵な男性がいっぱい出て来ますが、マッチョなヲッサン達が、なかなか色っぽくて良かったわ~♪

まさに夏にふさわしい、ドッカン映画でした!


踊る3の省エネスケール(好きだからあえて語らない)に欲求不満な方などに、オススメしたい作品です☆

矢島美容室 THE MOVIE

ここんとこ立て続けに映画を見に行きました。

最近は、なるべく本を読んだり映画を見たりの1人時間をたくさん作って「静」部門の行動を取るよう、心掛けています。
私には「静」を重要視する部分が圧倒的に足らない。
恐ろしいことに、自分がそれと気付いたのはごく最近なので、ちょっとずつ、「静」を心に取り戻して行こうと思います(苦笑

まぁ、そんな深い話はまた後ほどということにして、今日は最近見た映画のレビューをちらっと書いておきます。
せっかく見たので、どなたかの参考になればと思います。



ひとつはのだめカンタービレ~最終章~。

こっちは正直あまり感想が無く、玉木宏くんは素敵だなぁということと、(原作読んだ時から思ってたけど)ヒロインののだめに感情移入できないわぁ…と思ったくらいなので、レビューはパスしますね。。

これを見に行く人は当然、前編も見てる前提ですし、テレビドラマや原作もご存知だと思いますので、今さら映画の雰囲気とかを読む必要もないでしょう。



もひとつは矢島美容室 THE MOVIE 〜夢をつかまネバダ〜。
今日はこっちについて感想を書いてみます。

ご存知(といえるほど人気かはわからないけど)とんねるずとDJOZUMAが女装で扮した、アメリカネバダ州から来た親子ユニット(という設定)「矢島美容室」の、日本に来る前のホームドラマを描いた作品です。


まず、これから見ようとしている方のために、はっきり言います。

私はこの映画好きだけど、期待して見に行くもんではない。と、思います。
というか、矢島美容室(もしくは、黒木メイサちゃん)がお目当てでなければ、わざわざ見に行かなくてもいいとさえ思う。
見に行っておいてナンだけど、これはテレビの2時間特番で良かったのでは・・・と思ってしまった。

手法自体はハリウッドのミュージカル映画のそれだから、わざわざお金を払って”期待満々で”矢島美容室見るなら・・・う~ん、私だったらその人に、「私は面白かったけど、むしろあなたにはTSUTAYAでヘアスプレーを借りて見てほしい」と言っちゃう。

面白くないわけじゃないんですよ^^;
むしろ、私は面白かったし、家族愛や友情や恋愛に、いちいちすげー泣いたwww

なのに、見終わった後、なぜかちょっぴり欲求不満だったんだな。。。
せっかく映画化したのに、そこはかとなくこじんまりした雰囲気で、全体に悪くない気はすれど、「あと一歩ほしい!」って場面が地味に積み重なった感じ。(ショボン
正直言って、中途半端だ。
予算の都合??と観客に思わせちゃうナニカがありました。。。

本気で作ったら、もっと完成度の高いエンターテイメント作品になりえたかもしれないのに…惜しいな。


…と、ここまでエラソーに落としておいてナンですが、それでも個人的な感想としては、矢島美容室、面白かったんですよ~(´∀`)←なんだよ
衣装とか、ネバダの矢島さん家がカワイイし♪


私がフラストレーションを抱えてしまった原因、それはズバリ「期待感」だと思います。

ミュージカルっぽい作りで、しかも「意外と泣ける」とかいう宣伝文句が私の期待度を高め、それが結果「思っていたほどではない」に繋がっただけ。
周りの観客の感想を盗み聞きしてみたら、みんな同じようなことを言ってた。
でも、逆に期待しないで見に行ったら、すごく面白かったという人もいたはず・・・。

ですから。
これから見に行く方、本気で、この映画に期待しない方がいい。デス。
うん。そしたら、きっと楽しめると思います。

★以下、ちょっとだけネタバレ★


映画の最後、矢島父が登場します。
その正体が意外な人物で、それがわかっただけ、映画を見た価値があったかなwww

どうも、続編がありそうな気配でしたが・・・実際はどうなんだろう。
この一作目にそれはかかっていそうな気がしました。



- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
04 06
プロフィール

おけはと

Author:おけはと
旅と音楽、そしてお花とおいしいものが大好きなおけはとの日記です♪妻になり、そして一児の母になりました♪

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。